ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

flumpoolと阪本奨悟がアミューズ株主総会でライブパフォーマンス

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
flumpoolと阪本奨悟がアミューズ株主総会でライブパフォーマンス

アミューズの定時株主総会が25日に両国国技館で行われ、総会第二部のイベントで、来年デビュー10周年イヤーを迎えるflumpoolと、今年デビューした新人アーティスト阪本奨悟が、約2300名の前でステージを披露した。

トップバッターを務めた阪本奨悟は、テレビ東京で放送されていたアニメ「王室教師ハイネ」のOPテーマにも起用された「しょっぱい涙」、ルーパーという機材を使用したライブでの定番曲「Fly」、自身の経験談をもとに制作された、メジャーデビュー曲「鼻声」の3曲を披露した。

MCでは、「鼻声」「しょっぱい涙」の2曲が福山雅治プロデュース楽曲ということで、歌詞を書くにあたって、阪本の過去の事を福山にインタビュー形式で聞かれ、自分の殻を破って出しなさいとアドバイスをもらったというエピソードなど、福山雅治との楽曲制作の話をした。最後に「自分を磨いて、一人でも多くの人に歌を届けられるように頑張っていきます。応援よろしくお願いします!」と笑顔で挨拶すると、会場は暖かい拍手に包まれ、阪本のステージは終了した。

続いて登場したflumpoolは、今もなお人気の高いデビュー曲「花になれ」で会場を魅了すると、2曲目の「星に願いを」では「今日は皆さん楽しんでいってください!」の掛け声と共に観客をさらに盛り上げた。

MCでは、ボーカルの山村隆太が、「(初めての株主総会でのライブということで)緊張していましたが、あたたかくて、すごく見守ってくれる寛容さに、自分たちも一層身を引き締めていきたいです。」と挨拶。続いて「とある始まりの情景 〜Bookstore on the hill〜」、第78回NHK全国音楽コンクールの課題曲とNHK「みんなのうた」にも起用された「証」をしっとり歌い上げた後、大ヒット映画の主題歌「君に届け」で会場中が手拍子で盛り上がる中、ライブが終了した。

ライブ後のトークコーナーでは、MCの荘口彰久から「アミューズの素敵なところは?」と質問をふられた山村が「本当に仲が良いと思う。アーティスト同士の絆は日本一だと思っています」と答え、自身のドラマ初挑戦の時には福山雅治や大泉洋から演技のアドバイスをもらったというエピソードを披露した。最後に9月から始まる全国ツアー「全国ツアーflumpool 8th tour 2017 「Re:image」」に全力で取り組むことを宣言して締めくくった。

株式会社アミューズ 第39期定時株主総会
<SET LIST>

・阪本奨悟
1. しょっぱい涙
2. Fly
3. 鼻声

・flumpool
1. 花になれ
2. 星に願いを
3. とある始まりの情景〜Bookstore on the hill〜
4. 証
5. 君に届け

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。