体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

レベッカ、劇場版・渋谷公会堂ライブ上映会でメンバー初の舞台挨拶にファン歓喜

エンタメ
レベッカ、劇場版・渋谷公会堂ライブ上映会でメンバー初の舞台挨拶にファン歓喜

1985年12月25日のクリスマスに渋谷公会堂で行なわれた「REBECCA WORLD CONCERT TOUR 〜Maybe Tomorrow」のライブ映像が、劇場版『REBECCA LIVE’85 Maybe Tomorrow Complete』として生まれ変わり、6月25日に全国19劇場20スクリーン(動員3500名)にて一夜限りのプレミア上映が行なわれた。

2015年8月には、20年振りにライブを行なったレベッカ。誰もが実現するとは思っていなかった再結成ライブは、3万枚のチケットに11万通の応募という反響を呼び、その年の音楽界でも大きな話題となった。そんなレベッカが今夏、実に28年振りとなるツアーを発表、7月25日の大阪フェスティバルホールから、9月1日の日本武道館まで9公演が予定されている。

再びその活動が注目されているレベッカのキャリアのなかでもターニングポイントとなったのが、1985年11月に発売された通算4枚目のアルバム。

初のアルバムチャート1位を獲得したJ-POP史における金字塔となる名盤「REBECCA IV〜Maybe Tomorrow」を引っ提げて行なわれた1985年のツアー「REBECCA WORLD CONCERT TOUR 〜Maybe Tomorrow」は、レベッカにとっても想い入れの強いツアーであり、そのハイライトともなる12月25日・渋谷公会堂でのライブは、デビュー2年目の大ブレイクの瞬間をとらえた伝説のステージとして、ファンの間でも語り継がれている。

今回の劇場版は、そんな貴重な夜を記録したライブ映像であり、渋谷公会堂の感動パフォーマンスを完全収録したファンならずとも見逃せない映像となっている。

伝説の一夜から32年、ライブ全編の商品化を希望するファンの声が多く寄せられていたなか、全編ノーカット収録となる劇場版の編集を担当したのは、レベッカの楽曲「フレンズ」「Raspberry Dream」などのミュージックビデオを手がけ、渋谷公会堂ライブの収録ディレクターも務めた板屋宏幸。

奇跡的にも良好な状態で保管されていたカメラの素材と、デジタルマルチテープなど、全ての素材を集め、見事に現代に蘇らせることに成功している。

ライブ音源のリミックスは、アメリカのシカゴでキャリアをスタートさせ、マドンナをはじめ、ジャネット・ジャクソン、ホイットニー・ヒューストン、坂本龍一、宇多田ヒカルらの一流アーティストを手掛けてきた音楽プロデューサーでありミックスエンジニアのGOH HOTODAが担当。ライブから32年を経て遂に全貌が明らかになり、あの日のセピアな記憶がクリアな記録となって再現された。

6月25日、新宿バルト9で行なわれたプレミア上映前には、レベッカのメンバーによる初の舞台挨拶も行なわれた。NOKKO(ボーカル)、土橋安騎夫(キーボード)、高橋教之(ベース)が登場した(小田原豊[ドラムス]はスケジュールの都合により欠席)。大きな拍手と歓声に包まれ、少し照れながら微笑を浮かべてステージに登壇。400人満員の観客が見守るなか、1985年12月25日の会場でも取材していた音楽評論家・田家秀樹が司会進行でスペシャルトークがスタート。

NOKKO「じつは今回、人生で初めて自分たちの映像作品を観ました。あらためてDVDで観ると私たち凄かったんですね。この頃はまだ『Raspberry Dream』やってないんだぁ〜って、ビックリしました!(笑)」

1 2次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会