体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

喫茶店のカレー大好き! なら「珈琲 門」の月末限定カレーをぜひ【名古屋】

f:id:Meshi2_IB:20170508204948j:plain

カレーとひと口に言っても、欧風やインド、タイなどジャンルは多種多様。そのなかでも、私自身、絶対にハズせないのは喫茶店のカレーである。

使用する食材やスパイスがどうとかではなく、家で食べるカレーよりも洗練された味は、ときどき無性に食べたくなる。

カレーの名喫茶「珈琲 門」

喫茶店が多い名古屋にはカレーが自慢のお店も少なくはない。

f:id:Meshi2_IB:20170508204825j:plain

名古屋高速東片端インター近くにある「珈琲 門」は、これまで私が食べ歩いたなかでもオススメのお店だ。

創業は名古屋市営地下鉄が開通した年と同じ1957(昭和32)年。2009(平成21)年に現在の場所へ移転した。

f:id:Meshi2_IB:20170508204836j:plain

「カレーは私たちがお店を継いだ’98年頃に始めました。それまではトーストやサンドイッチしかなくて、何かほかにフードメニューをと考えていたのですが、厨房が狭かったこともあって、カレーにしようと」とは、三代目ママの古川佳奈さん。

マスターの古川正弘さんは新潟県出身。実家は農家を営んでいて、毎年、新米の季節にになると、おいしいお米(コシヒカリ)が届く。

カレーの味付けは、まずご飯ありきで考えたという。その結果、家庭で食べるカレーをベースにブラッシュアップさせることに。

「ルーは業務用のものを2種類ブレンドして使っていますが、たっぷりの玉ネギとリンゴ、バナナ、トマトをミキサーにかけて、豚骨と牛骨でとったスープとともにじっくり煮込みます。その後、2日間寝かせて完成です」(マスター)

f:id:Meshi2_IB:20170508204923j:plain

これが古川さん夫妻のこだわりを凝縮した、「門特製カレー」(680円)。

一見、ごくフツーのカレーに見えるが、ひと口食べて驚愕(きょうがく)!

まず、玉ネギの甘みがじんわりと広がり、後からやや遅れて、辛さとともに肉のうま味が複雑に絡み合うのだ。

これはうまい!

f:id:Meshi2_IB:20170508204930j:plain

添えられたコールスローサラダも酸味がほどよくきいていて、箸休め、いや、スプーン休めにぴったり。口の中がリセットさせて、よりカレーをおいしく食べられる。

また、ヨーグルトドリンクはこれまた新潟の「ヤスダヨーグルト」製。カレーを食べ終わった後に飲み干すと、口の中の辛みがあっという間に消える。まさに至れり尽くせりなのだ。

「ウチは喫茶店ですから、隠し味にコーヒーを入れています。コクが増すだけではなく、コーヒーの苦みがくわわると、味に一体感が生まれるんです」(マスター)

ハーフ&ハーフはぜひ混ぜて

f:id:Meshi2_IB:20170508204948j:plain

こちらは一番人気の「ハーフ&ハーフ」(880円)。

先ほど紹介した「門特製カレー」と鶏肉をじっくり煮込んだ「チキンハヤシ」が両サイドにかかっている。

中央のライスには薄焼き玉子がのっていて、実にフォトジェニック! 食べる前にスマホで撮影するお客さんも多く、SNSに投稿された写真を見て来店するお客さんも多いとか。

f:id:Meshi2_IB:20170508204955j:plain

カレーとハヤシを別々に食べてもイイが、マスターは「混ぜて食べるのがオススメです」と話す。

実際に食べてみたところ、カレーの辛さは和らぐものの、ハヤシに溶け込んだチキンのうま味が相まってメチャクチャうまい!

月末3日間限定、幻のカレー

実は「珈琲 門」のカレーが地元で人気を集めたのは、「門特製カレー」でもなければ、「ハーフ&ハーフ」でもない。

月末3日間限定発売の、いわば幻のカレーが存在するという。

f:id:Meshi2_IB:20170508205014j:plain
1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。