体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

NYチョコがジャンクでクリエイティヴに進化中「愚かさとチョコレートを通じて世界を救う」

仕事中、定番のおやつはチョコレート。

デスクの引き出しに常備して、小腹が空いたときや集中力を高めたいときにもパクパク食べてしまいます。

でも、どうせ同じカロリーを摂るなら、おいしくて特別感のあるものを味わいたい。

そこで見つけたのが、ほんのスキマ時間を至福の瞬間にしてくれるニューヨークのチョコレートです。

NYチョコの魅力は「ジャンクさ」

ブルックリンに工場を持ち、こだわりのチョコレートを世界へ展開する新進メーカーが続々と登場しているニューヨーク。

それらに共通しているのが、ヨーロッパの伝統あるショコラティエには無い「斬新さ」を持っていること。

ヨーロッパの伝統と革新をうたうショコラティエなら、柚子や抹茶などを使いそうなところですが、ニューヨークにはそれらとは違う「ジャンクさ」があります。

でも「下品」ではなくモダンでアーティスティック、とにかくクリエイティヴなのです。

ハーシーやM&M’sだけじゃない。進化したチョコレート

20170625_chocolate04.jpg 20170625_chocolate01.jpg20170625_chocolate02.jpgたとえば、ニューヨークで1、2を争うほど有名なショコラティエ「Jacques Torres(ジャック・トレス)」のチェリオス(アメリカの超スタンダードなドーナツ型のシリアル)やコーンフレーク。軽い食感につい手が止まらなくなります。

素朴なシリアルに上品な深みのあるチョコレートが、意外なほどマッチ。ボリュームがあるのに後味がすっきりしているのが特徴です。

Mast Brothersさん(@mastbrothers)がシェアした投稿 – 2016 8月 31 8:19午前 PDT

Mast Brothersさん(@mastbrothers)がシェアした投稿 – 2017 4月 25 7:20午前 PDT

デスクでスマートに食べられそうなのが「Mast Brothers(マストブラザーズ)」のビーン・トゥ・バー(板チョコ)。

ニューヨーク土産の定番として、日本でもおなじみです。アーティスティックな紙のパッケージをデスクに忍ばせれば、なんだか洗練された大人の気分。

原料はカカオと砂糖のみというマスト兄弟のこだわりが詰まったチョコレートは、甘さ控えめ。

「オリーブオイル」は、ブルックリンのイタリアンレストラン「フランキース」のコールドプレス・オリーブオイルを使用しています。

「スモーク」「シープミルク」や「ゴートミルク」など、名前だけ聞くとちょっとゲテモノかと疑ってしまうようなフレーバーばかりですが、味は意外とさっぱり。

カカオそのものの味を感じる、ほかで食べたことのないような個性的な味に出会えます。

FINE & RAW chocolateさん(@fineandraw)がシェアした投稿 – 2017 2月 8 1:26午後 PST

FINE & RAW chocolateさん(@fineandraw)がシェアした投稿 – 2016 9月 21 12:15午前 PDT

「愚かさとチョコレートを通じて世界を救う(Save the world through silliness and chocolate) 」なんて、ちょっとふざけた(?)企業理念を掲げる「FINE & RAW(ファイン・アンド・ロー)」。

1 2次のページ
グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会