ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

亀田誠治が語るスピッツの精神に奥貫薫も思わず涙

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

亀田誠治が語るスピッツの精神に奥貫薫も思わず涙
J-WAVEで放送中の番組「MITSUBISHI JISHO MARUNOUCHI MUSICOLOGY」(ナビゲーター:グローバー)。6月24日(土)のオンエアは、今年結成30周年を迎えたバンド「スピッツ」をテーマにお届け。ゲストに、前回に引き続いて音楽プロデューサーの亀田誠治さんと女優の奥貫薫さんをお迎えました。

前回の放送では、亀田さんと奥貫さんにスピッツとの思い出を存分に語っていただきましたが、今回も二人のスピッツ愛をたっぷりお届けしました!

亀田さんはプロデューサーとしてスピッツの楽曲制作に携わる、いわば“第5のメンバー”、そして奥貫さんはファンクラブの会員ナンバー2000番台という初期からの大ファンです。「今の若いコたちはいいですよね。十代の多感な時期にスピッツの音楽に出会ったら、その後の人生も変わる気がします」と奥貫さん。

グローバー:人生を変えるような音楽…。音源ももちろんそうですけど、目の当たりにしたライブというのはありますか?
奥貫:もちろん! 初めてライブを観たときに一緒に行った友だちが、「草野さんの声でマフラー編んだらあったかそうだね」って言ったのを今でもすごくよく覚えています。
亀田:なになにソレ? ちょっと待って…(笑)。すごいね!

亀田さんも思わず聞き返す素敵な表現(笑)。その友だちは短歌を詠む人で、奥貫さんは「さすが!」と思ったそう。

そして、「スピッツの音楽活動全般に言えるんですけど、MVとかもそうだけど、本人たち出て来るときは絶対に演奏シーン。そこにこだわってるんですよ」と、大ファンの奥貫さんも驚く豆知識を語った亀田さん。ライブの演出にも凝っているのですが、「基本は演奏にある」と話します。“だって自分たちはミュージシャンだから”と本人たちも考えているそう。

そんなスピッツのライブを楽しむ“オススメの一曲”を奥貫さんに紹介してもらいました!

まず最初に挙げたナンバーは「俺のすべて」。いつもギターを演奏する草野さんが、この曲ではタンバリンを叩いているそうで、かなり盛り上がるのだとか。ほかにはイントロのベースがすごくかっこいい「けもの道」、埼玉県大宮のライブでしか演奏しない「大宮サンセット」。「大宮サンセット」は大宮で開催されたライブで偶然生まれたそうで、そのきっかけとなったライブ、そして初めて完成した曲を披露したライブ、その両方に行っていたという大貫さん。これには「ライブ行きすぎでしょ」とグローバーからツッコミが入りました(笑)。

大貫さんいわく、スピッツはツアーのライブ本数がとても多いので、その最初と最後のライブを観るのがオススメだそうです。期間が長いと同じツアーでも変化が楽しめるのだとか。通の楽しみ方ですね!

一方、亀田さんは日本武道館で「亀の恩返し」というライブイベントを、2009年と2013年に開催しており、イベントの主旨は、「亀田さんが音楽とアーティストに恩返しをする」というもの。ですが、「基本的にスピッツありきなんですよ。僕の中で」と明かします。そこにはこのような思いがありました。

スピッツを知った当時、亀田さんはまだ駆け出しのミュージシャンで、すごく励まされたそうです。「『好きだ、好きだ』と思っていたらアルバム『三日月ロック』からご一緒するようになって。スピッツはある意味、自分の中の“バンド軸”、“J-POP軸”、“プロデュース軸”のすごく重要なコアな部分を占めているんです」(亀田さん)

J-POPを代表するプロデューサー亀田誠治を育てたのはスピッツの音楽、と言っても過言ではないのかもしれませんね。ちなみに、「亀の恩返し」では、スピッツのセットリストは亀田さんが決めるそうなのですが、あまりに名曲揃いで困るという話も…。

二人にとって多大な影響を与えてきたスピッツ。奥貫さんは「キャーキャーする私に戻してくれる。私が私だった頃の私になれる」と語っていました。これを受けて亀田さんがあることに気付いたようで…

「僕、今、わかったことがある。スピッツのメンバーもその気持ちで音楽を作ってるんですよ。自分が自分であるための精一杯の自分たちを出して、常に全力で」と亀田さん。その言葉に、なんと奥貫さんが涙してしまいました。そんな奥貫さんの様子を見て、グローバーまで泣けてきたようです。語っているだけで自然と涙が溢れるバンドにはなかなか出会えないですよね。

音楽ファンだけではなく、プロのアーティストへも多大な影響を与えているバンド、スピッツ。その魅力にまだ音源だけでしか聴いたことがないという人はライブにも足を運んでみてはいかがでしょうか。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「MITSUBISHI JISHO MARUNOUCHI MUSICOLOGY」
放送日時:毎週土曜 17時−17時54分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/musicology/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。