ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

平井理央が今年の上半期で一番泣いたスペイン映画

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

平井理央が今年の上半期で一番泣いたスペイン映画
J-WAVEで放送中の番組「WONDER VISION」(ナビゲーター:平井理央)のワンコーナー「ENASAVE SOCIALEVENT & MOVIE TIPS」。6月25日(日)のオンエアでは、スペインのアカデミー賞とも呼ばれる「ゴヤ賞」で、作品賞を含む最多5部門を受賞した映画「しあわせな人生の選択」を紹介しました。

主人公は、かつて俳優として活躍して、今は愛犬と一緒に静かに暮らしている男性のフリアンです。ある日、彼のもとに、「フリアンの体調がすごく悪いらしい」と聞いた親友のトマスがカナダからやってきます。トマスが実際にスペインに着いたときには、フリアンはすでに治療をあきらめて、身辺整理を始めようとしていました。

最初はぎこちない二人でしたが、話をしているうちに、昔のような遠慮のない関係に戻っていきます。トマスがスペインにいることができるのは4日間。おそらく、2人が一緒に過ごすことのできる最期の時間です。人生の残りがカウントダウンを始めたとき、目の前に現れた親友のトマスは、果たしてフリアンにどんな影響を与えるのか、というストーリーになっています。

そこで、映画「しあわせな人生の選択」の宣伝担当の方に、見どころを伺いました。

「この作品は、日常にある幸せを改めて気付かせてくれる作品だと思います。私の好きなシーンは、フリアンとトマスが、遠くに住んでいるフリアンの大学生の息子に会いに行くシーン。そこで、ガールフレンドの女の子とトマスと4人でゴハンを食べて、世間話をするんですが、『お昼にゴハンを食べているだけ』という何気ないシーンの中に、実は、何ごとにも代えられない日常の幸せがあるということを、感じ取っていただけたらと思います」と、勧めてくれました。

ちなみに、平井いわく「上半期、一番泣いた作品です。人の死を考えることは、人生をどう生きるかを考えることだということを感じました。主演の2人と愛犬の演技も素晴らしく、何気ない幸せが積み重なってることが、幸せな人生なんだと思いました。心の中に温かい気持ちが溢れると思います」とのことでした。

映画「しあわせな人生の選択」は、7月1日(土)から公開です。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「WONDER VISION」
放送日時:毎週日曜 6時−9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/wondervision/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。