体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

たったこれだけ!?マレーシアでの1か月ノマド生活の【リアルなお金の話】

旅にまつわるさまざまな費用や価格料金をとりあげるTABIZINE【リアルなお金の話】特集。今回は、マレーシアで1か月間のノマド生活をしてみた筆者が、実際にかかった旅の費用を明かします。

LCC(格安航空会社)の就航によりぐっと身近になったマレーシア。同じアジアとはいえ、さまざまな民族が共存するマレーシアには、日本にはない多様性とダイナミズムが感じられます。

訪問都市と滞在日数

【リアルなお金の話】たったこれだけ!?1ヵ月のマレーシアノマド生活にかかったお金
1か月(35泊36日)という長めの滞在でしたが、ノマド生活ということで、訪問都市は、ジョホール・バル、クアラルンプール、イポー、ジョージタウン(ペナン島)の4都市。

まずシンガポールからマレーシア南部の都市、ジョホール・バルに入り、ジョホールバルで2泊、クアラルンプールで6泊、イポーで3泊、ジョージタウンで19泊した後、再びクアラルンプールに戻って5泊しました。

旅のスタイル

【リアルなお金の話】たったこれだけ!?1ヵ月のマレーシアノマド生活にかかったお金
ゆったりと予定を組んで、ライターの仕事をしながら、気が向いたときに観光に出かけるという1か月でした。

「物価の安い国で、マイペースに仕事をしながら旅してみたい」というのが今回のノマド生活の動機だったため、低予算のバックパッカースタイルが基本。ジョージタウンでの最後の一泊を除き、すべてドミトリー(相部屋)に宿泊しました。

一方、「物価の安い国だからこそ、お得に贅沢をしよう」と考え、クラシックホテルでのアフタヌーンティやランチ、高級レストランでの食事などを楽しんだため、一般的なバックパッカー旅行よりも食費は高くつきました。自炊はせず、すべて外食です。

【リアルなお金の話】たったこれだけ!?1ヵ月のマレーシアノマド生活にかかったお金

一日1000円で滞在できるマレーシア

【リアルなお金の話】たったこれだけ!?1ヵ月のマレーシアノマド生活にかかったお金
マレーシアは、日本と比べると大幅に物価が安い国です。筆者の肌感でいえば、マレーシアの物価は、日本の2~3分の1程度でしょうか。

選り好みしなければ、ドミトリーであれば一泊600円くらいで泊まることができますし、屋台なら、一食150円前後で食べられます。極端に言えば、マレーシアでは一日1000円で滞在することも可能なのです。

筆者は宿泊施設にある程度の快適性を求めたため、宿泊費だけで一泊1000円前後かかりましたし、毎日のようにおしゃれなカフェに出かけていたので、一日1000円で滞在、とはいきませんでしたが・・・。

おしゃれカフェや高級レストランはやや割高

【リアルなお金の話】たったこれだけ!?1ヵ月のマレーシアノマド生活にかかったお金
(C) Haruna Akamatsu

生活必需品や屋台での食事など、庶民が利用する商品やサービスは日本の3分の1程度で済むことが多いマレーシアですが、おしゃれなカフェや高級レストランなどはやや割高です。

例えば、屋台での麺料理が一品150円前後なのに対し、おしゃれなカフェでケーキを食べると、250~500円ほどかかります。飲み物代と合わせると、500~700円。日本より安いことに変わりはありませんが、物価の安いマレーシアでは、強気の価格設定といえるでしょう。

マレーシアでは、必需品や庶民向けの商品・サービスと、贅沢品やお金に余裕がある人向けの商品・サービスとの価格差が日本より大きいように感じられました。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。