ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

藤原ヒロシ、お気に入りのうなぎ屋に行って気付いた事

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

藤原ヒロシ、お気に入りのうなぎ屋に行って気付いた事
J-WAVEで放送中の番組「SEASONS」のワンコーナー「JUN THE CULTURE」(ナビゲーター:藤原ヒロシ)。6月24日(土)のオンエアでは、藤原がボストンで出会った運転手の話や、おすすめのうなぎ屋について語りました。

このところ藤原は、映画「パトリオット・デイ」を観たいと思っているそうです。というのも、この映画はボストンマラソンで発生したテロをテーマにした映画です。そして実は、藤原がボストンに行ったときに出会った運転手の女性は、子どもの頃にボスニア・ヘルツェゴビナ紛争に起こり、サラエボから亡命後、ヨーロッパを転々として、最終的にボストンで運転手になったとか。

その女性が、テロが起きたときに買い物をしていたそうです。「友達と一緒にいると爆弾の音が聞こえて…でもそこにいた人たちは爆弾の音を聞いたことがないから、花火か何かの音だと思ったらしいです。ところが、彼女はテロだということが分かり、友達を引き連れて逃げて、パニックに巻き込まれずにすんだらしいです」とのこと。その話を聞いたときに、藤原はゾクッとしたというか、テロを身近に感じた瞬間だった…と語りました。

後半は、藤原が好きなうなぎの話になりました。先日、千葉にエアレースを観に行った帰りに、佐原市にある「うなぎ割烹山田」に行ったそうです。「ここのうなぎが美味しいんだけど、そんなこと言いながら実は、うなぎと焼き鳥については自分の中では評価できてないんです。タレさえ美味しければ、段ボールでも食べられるんじゃないかと思う面もあって。とはいえ、ここのうなぎはすごく美味しいです」と絶賛していました。

ちなみに、藤原は蒸したものよりも、直焼きでコッテリしたうなぎが好きだそうです。そんな藤原は、さらに2軒、おすすめの店を紹介しました。「銀座にある、ひょうたん屋と池袋のかぶとがおすすめ。かぶとの方は、いろいろなうなぎが提供されています。そこは、すごく良い天然のうなぎを出してもらうんですけど、せっかくのタレを弾いてしまうくらいの脂で弾力性があって、本来のうなぎを味わうという感じです。その後、養殖のうなぎを食べると『やっぱり、僕は養殖のうなぎの方が慣れてるな…』と思って(笑)。せっかく、天然のうなぎを食べに行ったのに、本末転倒になってしまいました。それでも、かぶとにはまた食べに行きたいと思います」と、うなぎの話は尽きませんでした。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「JUN THE CULTURE」
放送日時:毎週土曜 14時10分−14時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/seasons/culture/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。