ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

夏が来る前にビーチコーミングデビュー!貝殻拾いブームがくる!? 

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

梅雨入りしました。梅雨が明けると夏。夏になると海岸は人でいっぱい。そうなる前に、是非、一度お試しいただきたいのが、貝殻拾いでございます。

 

 

「最近、貝殻拾いにハマっています」という人も少しずつですが目立ってきております。最近では、「ビーチコーミング」(Beach combing)などと、オシャレな呼び方もするらしい。

 

こちら、正確には、海岸などに打ち上げられた漂着物を拾い集めたり、観察したり、時にアクセサリーにしたりして楽しむことらしいが、本来の意味は「売り物になる」漂着物を拾い集めることで、骨董の世界では「海揚がり」と呼ばれているとのこと。

 

この「売り物になる」が、今回のキーワードなのでございます。実は最近、拾った貝殻をネットで販売するケースも増えているようでございます。さきほど、チェックしてみましたが、かなりのお値段のモノもございました。

 

小生が調べた限りでは、「タカラガイ」というのが人気のようでございます。

 

 

貝は、その昔、貨幣として使われており、最古の貝貨は中国殷王朝時代のもので、タカラガイの貝殻やそれを模したものが貨幣として使われていたとか。また、漢字の「貝」の象形文字の貝はタカラガイがモデルとか…。

 

なんとなく金運もありそうなところも人気の理由なのかもしれません。また、タカラガイは、種類が80位あるのですが、レアアイテムは高値で売買されるため、タカラガイを専門に狙うタカラガイマニアも全国にはたくさんいるらしい。

 

そんなタカラガイ、初夏になると打ち上げが減ってくるので、拾いにいくなら今がチャンスなんだとか…。

 

ちなみに、首都圏での貝殻拾いの名所は、千葉県館山の沖ノ島でございます。沖ノ島は周囲1Km程度の無人島で、昔は「島」でしたが、関東大震災による隆起などで、現在は陸続きになっております。

 

こちら、広大な砂浜の中から、目を皿のようにして貝殻を探すというより、そこらじゅう貝殻だらけでございます。めんどくさがり屋様でも平気の平ちゃん!ヘッチャラでございます。

 OZmagazine (オズマガジン) 2016年5月号
Fujisan.co.jpより

ちなみに、貝殻拾いは木の実拾いと同じで、強風の翌日がお薦めらしいです。梅雨の曇り空のもと、オシャレに海岸でタカラガイ拾い、…梅雨の新しいレジャーとして是非、「Hanako」やオズマガジンでも特集して頂きたいのでございます。

 

関連記事リンク(外部サイト)

豪華すぎる!バスタ効果でじわじわきている『超高級バスの旅』!
2017は鉄道革命年!?話題の列車が続々
小規模醸造所『マイクロブルアリー』が飲める注目のお店を紹介
珍しい国のレストラン5選
“男のロマン”を学べる歴史ある「都内の大衆居酒屋」

カテゴリー : エンタメ タグ :
マガジンサミットの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。