ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

女子強し…時代を感じる“結婚ソング”6選

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

女子強し…時代を感じる“結婚ソング”6選
J-WAVEでオンエア中の「SONAR MUSIC」(ナビゲーター:藤田琢己)。木曜はいきものがかりの水野良樹とお送りしています。6月22日のオンエアの水野の選曲コーナーでは、6月はジューンブライドということで、結婚にまつわる曲をお届けしました。

二階堂和美「関白宣言」
水野:このくらい軽やかに歌ってもらえると、このメッセージも素直に受け取れる感じがしますけど、「関白宣言」のメッセージは今の時代だと、炎上するかもしれないですね(笑)。「結婚」にまつわるエピソードは時代の価値観が現れますから。

ハンバートハンバート「結婚しようよ」
水野:お二人は実際にご夫婦です。吉田拓郎さんが作った「結婚しようよ」は1972年の曲で、「関白宣言」は1979年の曲なので、「結婚しようよ」の方が早いんです。でも、「結婚しようよ」の方が今の時代感に合ってるような気がしますね。
藤田:時代だと思うのは、“僕の髪が肩まで伸びたら”という歌詞で、70年代のヘアースタイルだな、という感じがします。

平松愛理「部屋とYシャツとわたし」
水野:語弊を恐れずに、正直な気持ちでいえば「怖い」ですよね。可愛らしさを隠した歌詞の強さという。男女の関係性のパワーバランスが変わってきてる感じがします。これが、現代版になると西野カナさんの「トリセツ」になっていくんじゃないかと。
藤田:なるほどね!

Q;indivi Starring Rin Oikawa「Wedding March-結婚行進曲」
水野:こちらの曲も、結婚式に出ると流れてます。このサウンドを作ったQ;indiviは、いきものがかりの「じょいふる」「コイスルオトメ」とか、AKB48の「ヘビーローテション」などのヒットメーカーである、音楽プロデューサーの田中ユウスケさんが主宰しています。

いきものがかり「笑顔」
水野:僕が結婚した頃に書いた曲なので、結婚ソングなんじゃないかといろいろな方に言われたんです。そうじゃないわけじゃないけど、息子ができた今は、曲を書いた僕も、イメージが変わりました。これがまた曲の面白いところで、当時書いたテーマとはまた違うテーマが曲に重なっていくという…そこもまた、歌の魅力だと思います。

Sugar「ウェディング・ベル」
最後は「ウェディング・ベル」を選びましたが、水野は「今回、『結婚』をテーマに選びましたが、最終的に分かったのは『女子は怖い』っていうことですね」と言って締め括りました(笑)

そのほか、番組では宇都宮の3ピースバンド、in FAM stepがスタジオ生出演しました。29日(木)の放送では、水野と秦 基博さんの対談企画をお届けする予定です。どうぞ、お楽しみに!

■今回のオンエア曲
忘れらんねえよ「スマートなんかなりたくない」
OneRepublic「No Vacancy」
赤い公園「journey」
Ariana Grande & John Legend「Beauty and the Beast」
橋本絵莉子波多野裕文「トークトーク」
Alfred Beach Sandal + STUTS「Horizon」
RIRI「RUSH」
James Brown「Soul Power」
リーガルリリー「トランジスタラジオ」
in FAM step「Don’t feel stagnant」
in FAM step「Fever」
Phoenix「Ti Amo」
Sugar「ウエディング・ベル」
秦 基博「朝が来る前に」

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SONAR MUSIC」
放送日時:月・火・水・木曜 23時30分−25時
オフィシャルサイト:オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。