体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

女性やご年配の方でも開け閉めしやすい! 実は便利な横開きバックドアを狙え!

▲ドアを少し開けただけで荷室にアクセスできる。ドアを閉めるのが楽。横開きバックドアには跳ね上げ式にはないメリットがあります!

▲ドアを少し開けただけで荷室にアクセスできる。ドアを閉めるのが楽。横開きバックドアには跳ね上げ式にはないメリットがあります!

横開き式バックドアには、跳ね上げ式にはないメリットが

1980年代まではセダンやクーペなど、キャビン(居住スペース)とトランク(荷室)が分かれた車が主流でした。しかし1990年代になるとレジャーブームでミニバン、ステーションワゴン、SUVが台頭。さらに庶民の足として長く親しまれてきた軽自動車やハッチバックを多くの人が選んでいます。

セダンは4ドア、クーペが2ドアなのに対し、ハッチバック、ミニバン、SUVなどは5ドアが主流。ドア数が奇数なのは、車体の後部にバックドア(リアハッチ、リアゲートとも呼ばれます)があるからです。セダンやクーペのように居住スペースと荷室が分離しておらず、スペースの割にたくさんの荷物を積むことが可能。長さのある荷物だって積むことができます。荷物をたくさん積むことも想定されるから、リアに大きなドアがついているんですね。

そんなバックドアの多くは上に跳ね上げて荷物を取り出しますが、一部の車では前席のドアのように横に開くバックドアを採用しているのをご存じですか? 跳ね上げ式と横開き式にはそれぞれメリットとデメリットがあります。

【跳ね上げ式】

●メリット

・ドアにダンパーが付いているため、わずかな力で上がっていく。

・雨の日に荷物を出し入れする際、ドアが庇になってくれる。

●デメリット

・ダンパーの反発力があるので、閉めるときに力が必要。

【横開き式】

●メリット

・重いドアを上に跳ね上げていないので、わずかな力で閉めることが可能。

・後ろのスペースが狭くても少しだけドアを開ければ荷物を取れる。

●デメリット

・雨天時は雨が吹き込みやすい。

鉄でできているバックドアは重く、ドアが落ちてこないようダンパーで支えているため、閉めるときは力が必要に。しかも開けたときのドアの高さが1.8mを超えるものも珍しくないため、身長の低い人は背伸びをしないと届かなかったり、ご年配の方やお子さんだと重いドアを閉めるのにかなりの力を使うことも。

もうひとつ横開きドアが便利だと感じるのは、わずかなスペースで荷物を出し入れできることでしょう。車種により異なりますが跳ね上げ式は開ける際、後ろ側に奥行1m×高さ2m程度のスペースが必要になりますので、不便に感じたことがある人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は横開き式のバックドアを採用するモデルを紹介しましょう。

日産 キューブ(現行型)~左右非対称デザインが生み出した横開きバックドア~

▲左右非対称のリアデザインを生かすようにバックドアを横開きにしたキューブ

▲左右非対称のリアデザインを生かすようにバックドアを横開きにしたキューブ

1998年に誕生したキューブは、2代目へのフルモデルチェンジ(2002年)で、これまでにない左右非対称のリアデザインを採用。このときにバックドアが跳ね上げ式から横開き式に変更されました。現行型もこれを踏襲しています。

四角いボディデザインなので荷室は広く、床面が深く掘られているため高さのある荷物も積みやすいのが特徴。荷室を少し開けただけで大きな荷物が取り出せるのはかなり便利です。

現行型は2008年11月にデビュー。登場してから9年近く経ちますが、エクステリア、インテリアともに今でも古さを感じさせないデザインは秀逸。中古車も豊富にあります。利便性とデザイン性、どちらも妥協したくない人にオススメです!

中古車相場:20万~170万円

流通量:1870台

ダイハツ ムーヴ/ムーヴカスタム(5代目)~横開きにこだわり続けた軽ワゴン~

▲ムーヴは初代から5代目まで横開き式のバックドアにこだわっていました
1 2 3次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。