体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

藤代冥砂「新月譚 ヒーリング放浪記」#43 巨木に会いに

meisafujishiro_newmoon

神社の多くが御神木を有するように、日本人は昔から巨木に対して頭を垂れてきた。

 清められた神社内の静謐な息吹の全てが、御神木から溢れているような感じさえするその佇まいは、僕が神社を尋ねる楽しみの筆頭とする美しさに溢れ、早朝や夕暮れなどの、昼夜の境に訪ねれば、枝や葉のひとつひとつに妖精が見えるようである。
 神社の巨木は神が降りてくる依り代として敬われているが、巨木そのものが神とも言える。最近は囲いのために触れない御神木が多くて残念だが、触れれば、木という生き物が、いかに多くの知識を蓄えた賢者でるかが感じられる。そう、巨木は賢者なのだ。
 樹齢二百年の巨木は、人間の尺でいえば、約7代ほどが入れ替わる時間を生き、約二百回の夏を経験している。僕の想像が及ぶのは、精々二世代前くらいで、祖父の幼年期を写真などを頼りになんとか辿るのが精一杯である。それ以前は五代前も十代前も一緒である。想像が及ばない。
 だが二百年生きた木は分かっているのだ。二百年前に起きたことが。古い記憶を持っているというのは、経験値が高いということ。年老いた賢者はいるが、幼児の賢者はいないように、経験量は賢さに繋がっている。もちろん処理能力、学習能力には個人差があるので、一概には断じられないが、人間の数倍も生きている木は、まず賢者だと僕は考えている。というよりも、触れれば感じられるのだ。手の平から伝わるその力には、深い知恵と観察眼があることを。
 僕が健康そうな美しい木を好み、必ず触れるのには、師に教えを請うのに似ている。言葉を介さずに伝わる何か。言葉を介さないからこそ伝わる何かに常に心身を開いておきたいと心に置いてある。それは、人間以外の知恵と繋がっておくことで、自分の調和を保ち、心身の健康を気遣うことになっている。
 不調の時には、進んで人混みに入っていかないのは、そこがきついからで、入院中に来客が多いのも同様に疲れる。それは気を使って疲れるというのもあるが、それ程親しくない同種、近種というのは、本来程よい距離がないともたないと僕は思う。人といるよりも猫を撫でている方が休まるというのも、それに当たる。どんなに恋人どうしでも、四六時中触れ合っていては、何かが壊れてしまうのだ

2ページ目につづく

meisafujishiro_newmoon2

ちょっと話が遠回りしたが、植物があることでストレスを感じる人は少ないと思う。観葉植物が有ると無いとでは、部屋の雰囲気と自分のメンタルコンディションが違うように、人と植物とは相性の良いパートーナーなのだと思う。木を触っていると、攻撃性は失せ、柔らかな心地がする。そう、ストレスを緩和させてくれるのだ。

 そういう植物の中でも巨木というのは、古老のような者から、壮年期のもの、まだまだ青年のようなものまで様々で、森の中で見つけて思わず寄って行ってしまうような木には、今現在の自分が必要な力と知恵を授けてくれると僕は信じている。この辺は科学的根拠を出せないのだが、当たり前のように僕は信じている。
 なぜか?それは僕の経験からである。森や山に入り、出会う動物、出会う草木、そして巨木は、恋愛が運命という言葉を使うなら、ここにもその言葉を当てたいのだ。
 無数にいる異性の中から出会うことを喜ぶように、動植物との出会いも同じように喜んだっていい。

 先日、三重の飯高という土地を訪れた。友人が林業に携わっている山を案内してくれるというので、喜び勇んで行った。
 山をいくつか持っているというので、実際こんもりした山の全容を想像していたのだが、それぞれ数キロ以上先に離れた山々の一部100箇所以上にも分散していて、山を分譲住宅地に見立てた場合、まとめて持っている面と虫食いのように持っている部分があるような感じである。
 その散在している場所には、当然異なる植生があり、今回は標高差も交えた異なる場所を案内していただいた。
 自分のクライマックスは二つあった。一つ目は野生のニホンカモシカとの出会いである。確か標高千メートルぐらいな所だっただろうか。ふと振り向いた先にニホンカモシカが一頭で急な斜面の上で食事中な様子であった。
 僕は声を掛けながら斜面の下に取り付いて登っていく。一般的には、刺激しないようにそおっと近づいていくようなイメージがあるかもしれない。だが、僕はこういう時は、必ず先に声をかける。それで逃げられたらそれまでで、近くなって気付かれて驚かれるよりも、遠くからノックをしてお邪魔していいかを確認するのだ。人間に対して、そうっと近づかないのと同じで、お邪魔していいですか?と前もって許可を得るのである。

1 2次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。