ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

あら恋、20周年イベント第2弾の対バンは ”映画”

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
あら恋、20周年イベント第2弾の対バンは ”映画”

あらかじめ決められた恋人たちへの活動20周年イベント第2弾〈Mixi ng vol.2〉の開催が決定。

今回の対バンはなんと、映画。

その映画とは、あら恋feat.吉野寿(eastern youth)が主題歌、池永(あら恋)が音楽を担当した映画「武曲 MUKOKU」(監督:熊切和嘉×主演:綾野剛 出演:村上虹郎ほか)。あら恋の爆音ライヴ VS 武曲 MUKOKU(爆音上映)だ。

ライヴハウスという音楽的な場所での「武曲 MUKOKU」爆音上映、そして元映画館であるライヴハウスWWWでの映像を使用したシネマティックな「あら恋」爆音ライブショー。ゲストVoにはeastern youthより吉野寿が出演する。

あら恋のリーダー、池永正二は以下のようにコメントしている。

——————————————————————————-

やっぱりバンドの対バンはバンドである事が多い。なら、シネマテ ィックDUBな”あら恋”は映画と対バンだ!と始めた企画第2弾 。
今回の映画は「武曲 MUKOKU」!

竹刀の擦れる音や風の音、豪雨から虫の音まで細部にわたって”音 “も演出された映画で、爆音上映とはつまり些細で聴き逃してしま いがちな(普通は聴き逃してしまうべき)「小さい音まで味わって しまおう上映」だと思います。これを機にご覧になった方も、初見 の方も是非!素晴らしい映画です!ライブハウスという音楽的な場 所で浴びるように映画を楽しんでください!

そして我々”あら恋”は、久々に映像と照明をガッツリ組み上げた ショーをやりたいと制作中です。あら恋の真髄である”シネマティック”と銘打つにふさわしい映画的なライブショーにしたいです。 ゲストVOにはeastern youth から吉野寿さん!
映画と音楽、近いようで実は案外離れてしまっているこの2つをグ ワッとMIXINGしたこの企画。

是非、体感しに来てください!!!!
よろしくです!

池永正二(あらかじめ決められた恋人たちへ)

——————————————————————————–

オフィシャルHP先行予約を本日から受付中。プレイガイド一般発売は7月22日からとなっている。(岡)

・あらかじめ決められた恋人たちへの作品はOTOTOYから配信中
http://ototoy.jp/_/default/a/3619

「Mixing vol.2」
あらかじめ決められた恋人たちへ(爆音ライブ)VS 武曲 MUKOKU(爆音上映)
ゲストvo : 吉野 寿 (eastern youth)
映像 : rokapenisとmitchel

■日時/会場
9月6日(水)@shibuya WWW
映画の部 open 17;30 / start 18:00
LIVEの部 open 20:15 / start 20:45

■チケット
映画&LIVE 通しチケット — ¥4,000 (1D別) ※限定デザインラミネートチケット付き
映画観賞チケット/自由席(座席有り)— ¥1,800 (1D別)
LIVEチケット/STANDING — ¥2,500 (1D別)
info:HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999 www.red-hot.ne.jp
オフィシャルHP先行予約受付:6/23 fri 20:00 ~ 6/29 thu 23:59
受付URL: http://arakajime.main.j p/best_20th-live

一般発売 7/22 ~
チケットぴあ 0570-02-9999 ・ http://t.pia.jp/ ( Pコード:337-573)
ローソンチケット 0570-084-003
( Lコード:72164)
イープラス http://eplus.jp (一般用URL:ht tp://eplus.jp/arakoi/)
楽天チケット http://r-t.jp/arakoi
■作品情報
「武曲 MUKOKU」
監督:熊切和嘉
脚本:高田亮
原作:藤沢周『武曲』(文春文庫刊)
出演:綾野 剛  村上虹郎 前田敦子 風吹ジュン 小林 薫 柄本 明
URL:mukoku.com
「あらかじめ決められた恋人たちへ」
URL:http://www.arakajime.com

あら恋、20周年イベント第2弾の対バンは ”映画”
カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。