ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「No Maps 2017」が10月に札幌で開催、シェアサイクル「mobike」やブロックチェーンを活用したライブ演出の実証実験も実施

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
「No Maps 2017」が10月に札幌で開催、シェアサイクル「mobike」やブロックチェーンを活用したライブ演出の実証実験も実施

10月5日〜15日の期間北海道・札幌市で開催される、クリエイティブコンベンション「No Maps 2017」の記者発表会が開催された。

「No Maps 2017」は、短編映画・音楽ライブ・インタラクティブ分野のクリエイティブコンベンション。大きく5つの事業区分に分かれており、50以上のカンファレンスやセミナーで情報を発信する<会議>、新技術やコンテンツのショーケースとなる<展示>、150組上が出演するライブや「札幌国際短編映画祭」と共催した体験型イベントを行う<興行>を中軸に、具体的な事業展開を見据えたミートアップを提供する<交流>、技術やサービスの実証実験の場を提供する<実験>を組み合わせることで、新たなビジネスを生み出す場として開催される。

この5つの事業のうち、特に<実験>を重要視しており、先端テクノロジーの社会実験・社会実装を、国内のどの地域よりも早く札幌が受け入れられるよう、官公庁と共に積極的に検討し、「社会実験・社会実装の聖地」にすることを目指していく。

そして、「No Maps 2017」の連携事業として、日本最大級のIT展示会「CEATEC JAPAN」会場でのビジネスミートアップセミナーや、CEATEC JAPAN米国メディアパネルイノベーションアワード特別賞受賞者などを招いたベンチャーカンファレンスを開催。さらに、企業からの実証実験の要望に迅速に応えるための受け皿として「No Maps Future Lab」を設置する。

この、「No Maps Future Lab」で行われるプロジェクトの第1弾として、リクルートテクノロジーズが、ブロックチェーンを活用した新たなライブパフォーマンス演出の実験を実施する他、TBSとドローンゲームズが、市街地でのドローン競技、ゲーム、クイズやレースなどを実施する。

そして、世界で1億人以上が利用しているシェアサイクル「mobike」の実証実験を「No Maps」で行うことが決定。「No Maps」の支援を通じて札幌への導入も進めているそうだ。社会問題の解決、ビッグデータの提供を受けた新しい交通課題の発見などを目指していく。

「No Maps 2017」のメイン会期は、2017年10月5日〜15日の11日間。第12回札幌国際短編映画祭(10/5〜9)、Business Conference 2017(主に10/10〜13)、Trade Show 2017(10/7〜15)、Music Weekend(10/13〜15)の4イベントが同時開催される。

「No Maps 2017」への出展・参画など問合せは実行委員会まで。

「No Maps 2017」オフィシャルサイト
https://no-maps.jp/

関連リンク

No Maps 2017

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。