ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

妊娠後期のむくみは放置厳禁!? プレママ必見のむくみ撃退法

  • ガジェット通信 GetNewsを≫

妊娠後期のむくみは放置厳禁!? プレママ必見のむくみ撃退法
妊娠後期のプレママ達を悩ます症状の一つに「むくみ」が挙げられると思います。

たかが「むくみ」だと放置をしておくと、危険な疾患を招く恐れがあるそうなので、悪化する前にきちんと対処をすることが大切です。

今回は、妊娠後期のむくみの原因や解消法を医師に解説をしていただきました。

妊娠後期のむくみの原因

妊娠後期のむくみは放置厳禁!? プレママ必見のむくみ撃退法

血液の量が増える

妊娠すると、赤ちゃんに大量の血液を送り続けるために、血液の量が1.5倍ほどに増加します。

心臓は心拍数を増やし、腎臓もフル回転で対応しますが、余った水分が重力により足に溜まったり、皮膚の薄いところに溜まってむくみになります。

大きくなった子宮が血液の流れを妨げる

足を通った血液は、静脈を通って心臓に帰ってきますが、この通り道を子宮がせき止めてしまい、足に血液が溜まりがちになり、むくみにつながります。

腎臓疾患、妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)

病気により、大量の血液を処理しきれず、体内に水分がだぶついたり、血管から血液成分が漏れがちになることでむくみが強くなります。

血液検査や尿検査で診断します。

女性ホルモンの作用

女性ホルモンの一つであるプロゲステロンは、妊娠中に増加しますが、体内に水分を蓄える作用があります。

妊娠後期で特にむくむ部位

妊娠後期のむくみは放置厳禁!? プレママ必見のむくみ撃退法
足は重力で水分が溜まりやすく、また子宮によって血液がせき止められるためむくみやすくなります。

妊娠後期のむくみのリスク

妊娠後期のむくみは放置厳禁!? プレママ必見のむくみ撃退法
血液が滞ると、そこで血の固まりができることもあり、エコノミークラス症候群に似た静脈血栓塞栓症になる可能性があります。

また、むくみをよくあることと放置していると、腎臓疾患や妊娠高血圧症候群を見逃すことがあります。

妊娠後期のむくみ解消法

食事

妊娠後期のむくみは放置厳禁!? プレママ必見のむくみ撃退法
■ カリウムを多く含むもの

カリウムは尿に塩分を捨てるために必要であり、尿を増やして体内の血液量を適切に保つ役割があります。

カリウムは新鮮な細胞に含まれる成分であり、新鮮な果物・野菜には豊富に含まれています。

果物であっても缶詰にはカリウムは少なく、野菜もゆでるとカリウムが失われます。生に近い形で食べるか、加熱する際は蒸すか電子レンジを使用しましょう。

■ 塩分の少ないもの

妊娠後期のむくみは放置厳禁!? プレママ必見のむくみ撃退法
塩分が多いと体内に水が余りがちになります。

調味料は減塩のものを使用したり、漬物・みそ・加工食品に含まれる塩分にも注意しましょう。

運動

妊娠後期のむくみは放置厳禁!? プレママ必見のむくみ撃退法
■ 座って行う運動

・足首をぐるぐる回す

・足首を曲げ伸ばしする

・足指を開いたり閉じたりする

・膝を曲げ伸ばしする

■ 寝て行う運動

壁に背中を付けて横向きに寝て、上の手足を壁にもたれかけるように上げると、手足の水分が重力で取り除かれてむくみ改善につながります。

マッサージ

妊娠後期のむくみは放置厳禁!? プレママ必見のむくみ撃退法
ふくらはぎをもみほぐしたり、足の先から太ももに向けて圧迫をくりかえしてみましょう。

アイテム

妊娠後期のむくみは放置厳禁!? プレママ必見のむくみ撃退法
■ 着圧ソックス

足を締め付けることで心臓に血液が戻るのを助ける着圧ソックス・弾性ストッキングがおすすめです。

■ クッション

仰向けに寝ると子宮の圧迫がひどくなるので、横向けに寝るのがおすすめですが、それを助けるクッションも販売されています。

■ マッサージャー

おなかが大きくなると、手で足をマッサージするのが難しくなるので、足に巻いて使うようなマッサージャーも良いかもしれません。

最後に医師から一言

妊娠後期のむくみは放置厳禁!? プレママ必見のむくみ撃退法
ある程度のむくみは妊婦さんにはつきものですが、血圧の上昇やタンパク尿が伴うようなら、妊娠高血圧症候群の疑いが出てきます。

家庭でも時々血圧を測定し、妊婦健診の際には尿タンパクをチェックしましょう。

(監修:Doctors Me 医師)

関連記事リンク(外部サイト)

スピード出産の目安は何時間?気になるリスクと安産のコツを伝授
妊娠・出産・育児の医療費と制度が知りたい!気になるお金の話について
妊娠・出産特集の症状・原因・治療

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。