ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ボイトレでキャリアアップ!3か月連続集中〈テンライ式ボイトレ教室〉開催

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ボイトレでキャリアアップ!3か月連続集中〈テンライ式ボイトレ教室〉開催

ボーカリスト/ボイスパフォーマー、徳久ウィリアムによるボイトレ教室〈~テンライ式ボイトレで面接・プレゼン・コミュニケーションに圧倒的に強くなる~〉が開催される。

この講座は、特殊発声のスペシャリストとしてパフォーマー&発声指導約20年のキャリアを持つ徳久ウィリアムにより実施されるもので、3か月連続集中ボイトレ教室として行われる。初回のみ体験参加可能。

※以下、講座の紹介

————————————————————

テンライ式ボイトレは、巷のボイトレ教室のように、「些細なテクニック」を教えるのではありません。むしろ、テクニックを生み出すための身体とココロの「状態」に注目し、「テクニックが自然と出てくる」状態になるように指導します。

指導するのは発声指導家/ボイスパフォーマーの徳久ウィリアム。“特殊発声”という括りだけで、古今東西の様々な声のジャンルを超えざるを得なかったのですが、既存のボイトレではむしろ違うジャンルを否定することで、自分たちの指導の正当性を主張したり、もしくは、自分たち以外のジャンルの発声のコトを全く知らないような教室・メソッドしかなかったので、独自にボイトレメソッドを探求せざるを得ませんでした。

その追求の中で、「ジャンルを問わない発声の基礎」を見つけました。まずは自分で試してみたところ、喉の負担はより少なく、しかし反比例して、お客の反応は良くなりました。つまり、本番で圧倒的に結果が出るようになったのです。また、喉の負担が減ったため、ライブ・イベントの数が増えても(多い時は年160本!)喉を壊すコトは一度もありませんでした。ただでさえ、喉の負担が大きい「特殊発声」でも、です。そこで、今度は自分のボイトレの生徒さんにも新たに発見した「発声の基礎」を指導したところ、

・普通のロックバンドボーカルが、海外に呼ばれるようになったり
・還暦を過ぎたサラリーマンが、難易度の高いモンゴルのホーミーを習得したり、
・入社面接で合格
・コミュニケーションで社内で有利な立場になる

など、短期間で、劇的な効果が出るように。つまり、「テンライ」では、講師自身が本当に効果があっただけでなく、多くの生徒さんに指導して結果が出たコトを、無駄を省いて体系化した内容を指導するので、短期間で劇的な結果が出るのです。

——————————————————————————–

コミュニケーションが苦手な人で、会社の面接に望むにあたりボイトレを受講した結果、面接に合格した人もいるという。その後の難しい局面も、ボイトレで培った「声の力」で打開していくなど、社会生活に生かされているようだ。

3か月集中ボイトレ教室「テンライ」では、現在、参加者を募集中。初回のみ体験参加が可能だが、現時点で定員まで残り2名とのことなので、興味のある人は下記URLから詳細を確認してほしい。(岡)

・詳細・お申込み・お問合せこちら
http://tokuhisa-william.com/koedai/tenrai3

〈~テンライ式ボイトレで面接・プレゼン・コミュニケーションに圧倒的に強くなる~〉
■日時
6月25日(日)
7月 9日(日)
7月23日(日)
8月13日(日)
8月27日(日)
9月10日(日)
※途中、昼食休憩を挟みます。
※終了後、懇親会を行います。(希望者のみの参加)
※前6回のグループ終了後、別日に打ち上げ企画(発声@バンジー)を予定
(希望者のみの参加)

会場:OTOTOY
150-0046
東京都渋谷区松濤2-11-11 松涛伊藤ビル
03-5829-8371

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。