ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【Salley】『Salley Live Tour 2017 「Clear」~FINAL~』2017年6月18日@渋谷WWW

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

 バンド形式としては1年振りとなるワンマンとなったこの日。青いライトが差すステージに登場し、「wonderland」を歌い出すうらら(Vo)の左手は、高く突き上げられている。その表情は本当に楽しそうで、嬉しそうだ。“今、みんなに聴いてもらいたいんだ”という想いであふれている表情と歌声はフロアーの温度を上げる。その横で会場全体を見渡す上口浩平(Gu)は唇をギュッと結びながら、頭を上下に振り、静かにテンションマックスの様子。
 (okmusic UP's)

 「Boys & Girls」では大合唱が起こり、序盤から全員が“この日を待っていた”という空気で包まれている。うららは一気に上がった場内のテンションを感じたのか“落ち着いていきましょう”と言いつつ、“みなさんを観ていると自分を抑えるのが大変です!”と嬉しそうに話し、次々とアルバム『Clear』から楽曲を披露。芯がありながらも、やさしい歌声を決して邪魔することなく、でも激しくギターを歪ませる上口も曲が進むごとに身体の動きが大きくなる。ドラマチックな演奏を聴かせ、うららに今の心境を訊かれると、MCでは“今の気持ちは言葉にするよりも、これから曲で表現したい”と宣言。その後、たまにたどたどしくなるMCに対し、鋭利かつ遠慮のないツッコミを入れるうららのコンビも健在だ。楽曲とふたりのキャラのギャップもまたSalleyの魅力なのだろう。

 終盤には「冬が来る」「赤い靴」と、彼らを代表する名曲が連続で投下される。圧倒的な楽曲の良さが目立つこれらの曲を“聴かせる”だけでなく、しっかりとライヴの盛り上げるキー曲として作用させるようになったのも、彼らがライヴを大切にし、さまざまなアーティストと対バンすることで刺激を受け、成長した結果だろう。努力と向上心は必ず結果を生む。

 作り込まれた音源や心に染み入る歌声から、音源至上主義のアーティストのイメージを持たれがちなSalleyだが、彼らのライヴに行くといつも思うことがある。それはSalleyは間違いなく、ライヴでその本質を開花させているということ。良質な音楽を本人たちが楽しみ、フロアーを煽り、ひとつになる。そして、一瞬にしてホームのような温かい雰囲気で全員を包み込むのだ。しかし、ただみんなで一緒に歌い、楽しく時間を過ごす温かい空間だけでなく、力強く、時に曲の圧倒的な世界観でもって聴き手を突き放す時も存在する。でも、だからこそ、まだ聴いていたい、この空間にいたいと思うのだ。

 ライヴの最後にうららは“もっと、もっとライヴをしていきたいと思っています!”と声高に宣言していた。きっとこれからはさらに彼らのライヴが各地で楽しめるはずだ。そのふたりの輝く姿を、ぜひ体感してもらいたい。
撮影:當摩果奈絵/取材:吉田可奈
セットリスト
1. Wonderland
2. Boys & Girls
3.言い訳ガール
4. Winding Road
5.小さな嘘
6.あたしをみつけて
7.Clear
8.セッション
9. SPECTRUM
10.kodama
11.スカイライン
12.カラフル
13.冬が来る
14.赤い靴
15. Agreed Greed
16.Home
<ENCORE>
1.プレゼント
2.その先の景色を
Salley
サリー:2012年に結成。キュートで奔放なキャラクターが魅力のヴォーカルうららと、抜群の楽曲センスを持つ上口浩平からなるポップスユニット。13年5月にシングル「赤い靴」でデビュー。14年4月に1stアルバム『フューシャ』、15年7月には2ndアルバム『エメラルド』をリリース。ラジオ日本のレギュラー番組『Salley’s Studio.』が好評放送中!
 (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。