ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

本物のわさびの味をダイレクトに楽しめる丼

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

6月22日放送の「ヒルナンデス!」(日本テレビ系、午前11時55分~)では、ゲストが厳選したグルメを試食&プレゼンするコーナーで、「わさび園 かどや」(静岡県賀茂郡河津町)を紹介した。

同店は、わさび農園を営む傍ら、食事も楽しめるわさび専門店として地元で愛されている。伊豆急行「河津駅」から東海バス・修善寺駅行きに乗り25分、河津七滝を下車してすぐのところにある同店では、自然がつくりだす本物の味がする“わさび丼”が楽しめる。生わさびを味わうための一品だ。

そのメニューとは、「生わさび付 わさび丼」(550円/税込)。1ヶ月でおよそ5000食売れる大人気グルメだ。お店の方は「本物のわさびの味を味わっていただきたく、この“わさび丼”を思いつきました。本物は辛味の中に甘みがあるんです!」とコメント。

わさびが甘くなる理由には、水が関係しているそうだ。年間の降水量が多い、天城山から湧き出る軟水で育てているため甘みが増すのだという。その水で育つわさびは一般的には1年で収穫するそうだが、同店では、1年半かけて育てたわさびを使っている。香り・辛味・甘みが強い、おいしいわさびになるそうだ。わさびは、金属製のおろし器よりも鮫皮おろしで擂り下ろした方がわさびの風味が増し、よりクリーミーになる。鰹節をまぶしたごはんに、その擂り下ろしたわさびをたっぷりと載せて、醤油を回しかけていただく。まさにシンプル・イズ・ザ・ベストな丼。わさびをダイレクトに味わうことができる。

スタジオで試食した男性芸人の方は、自分で鮫皮のおろし器を使ってわさびを擂り、一口舐めると「めっちゃすごいな、香りが!後からくる甘み~!!」とコメントした。その後、わさび丼を食べ「うんま~!!」と後ろにのけぞった。そして、「最後の最後に鼻の所にくるわさびの風味が上品」とコメントした。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:わさび園 かどや(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:下田・東伊豆のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:下田・東伊豆×和食のお店一覧
あのセレブも食べた!鰻を堪能したい方は食べたいメニュー!
新鮮な地魚を堪能して、葉山を楽しもう!

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。