体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

オリコン2017年上半期、SMAPがアルバムとアーティスト別トータルセールスの2冠

オリコン2017年上半期、SMAPがアルバムとアーティスト別トータルセールスの2冠

オリコンは22日、CDショップ、専門店、複合店、インターネット通販、家電量販店、コンビニエンスストアなど、⾳楽・映像ソフトを販売している全国約22,930店舗の実売データをもとに集計した「オリコン2017年上半期ランキング」(集計期間:2016年12月26日付~2017年6月19日付)を発表した。

SMAPがアルバムとアーティスト別トータルセールスの2冠

昨年いっぱいをもって惜しまれながら解散した国⺠的⼈気グループ・SMAPの25周年記念ベストアルバム「SMAP 25 YEARS」(ビクターエンタテインメント/昨年12月発売)が、期間内売上116.0万枚を記録し、今年度の上半期アルバムランキング(アルバム部門:作品別売上枚数)で1位を獲得した。

今作はSMAPのアルバム作品としては、同じく期間内100万枚突破を果たした「Smap Vest」(2001年度:期間内売上160.5万枚)の6位に続いて16年ぶり2度目の上半期TOP10入りを果たすとともに、初の1位獲得となった。

上半期における「100万枚突破アルバム」のランクインは、AKB48の「次の足跡」(2014年度1位:期間内売上103.7万枚)以来3年ぶり。男性アーティストとしては、Mr.Childrenの「Mr.Children 2005-2010<macro>」(2012年度1位:同105.6万枚)、「Mr.Children 2001-2005<micro>」(2012年度2位:同101.5万枚)以来5年ぶりとなる。

なお解散・引退および活動休止状態にあるアーティストによる上半期アルバム1位獲得は、獲得当時に活動休止状態にあったサイモン&ガーファンクル(1971年度:「明日に架ける橋」)に次いで2組目で、国内アーティストとしては初めて。

またSMAPは、1991年9月9日にシングル「Can’t Stop!! -LOVING-」でデビューしてから2016年12月31日の解散まで、およそ25年(25年4ヵ月)にわたり活動してきたが、上半期アルバム1位を獲得したアーティストのデビューからのキャリアとしては、1972年7月5日にシングル「返事はいらない」(荒井由実名義)でデビューした松任谷由実が、1993年度に「TEARS AND REASONS」で通算5度目の同部門1位を獲得した当時のキャリア年数となる、およそ21年(20年11ヵ月)を上回り、最⻑での達成となった。

さらにSMAPは、今年度上半期における、⾳楽ソフト(シングル・アルバム・ミュージックDVD・ミュージックBlu-ray Disc)の期間内総売上⾦額が86.7億円となり、初の上半期アーティスト別トータルセールス(ATS部門)1位の座に輝いた。なお、上半期ATS部門は2009年度より総売上⾦額を基準として発表開始、SMAPは2009年度に9位(期間内総売上⾦額22.8億円)を獲得して以来の同部門ランクインとなる。

⾳楽映像作品「Clip! Smap! コンプリートシングルス」(昨年12月発売)も、⾳楽DVDとBDの期間内売上枚数を合算集計した、上半期総合ミュージックDVD・BDランキング(同部門:作品別売上枚数)で期間内合算49.7万枚(DVD:26.8万枚、BD:22.9万枚)を売り上げ、2位を獲得。DVD、BD総合部門の各作品別売上枚数ランキングでも、いずれも2位で初の上半期TOP3入りを果たし、前出アルバムの好調ともに上半期ATS部門制覇を後押しした。

そして、今年度の上半期アルバムランキング(アルバム部門:作品別売上枚数)で存在感を発揮したのは、初の上半期同部門TOP10入りを果たした3組。いずれも上半期のみならず自己最高となる⾳楽作品売上枚数を記録してのランクインとなった。

back numberは初のベストアルバム「アンコール」(ユニバーサル ミュージック/昨年12月発売)が期間内売上52.8万枚で3位を獲得した。同作は、週間ランキング初登場となった今年1月9日付から2月27日付まで8週連続でTOP10入りするなど期間内を通じて好調をキープ。昨年度上半期では「シャンデリア」が11位となり初のTOP10入りまであと一歩と迫っていたが、今回一気に上半期TOP3入りを達成した。

ONE OK ROCKは、約2年ぶりのアルバム「Ambitions」(A-Sketch/1月発売)が同33.2万枚で6位にランクイン。ONE OK ROCKは過去に2013年度で「⼈生×僕=」、2015年度で「35xxxv」がいずれも11位を獲得していたが、今年1月23日付週間ランキングでも1位を獲得するなどファンの期待に応える結果を残した同作で上半期TOP10入りを果たしている。

1 2 3 4 5次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy