ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

オリコン2017年上半期、SMAPがアルバムとアーティスト別トータルセールスの2冠

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
オリコン2017年上半期、SMAPがアルバムとアーティスト別トータルセールスの2冠

オリコンは22日、CDショップ、専門店、複合店、インターネット通販、家電量販店、コンビニエンスストアなど、⾳楽・映像ソフトを販売している全国約22,930店舗の実売データをもとに集計した「オリコン2017年上半期ランキング」(集計期間:2016年12月26日付~2017年6月19日付)を発表した。

SMAPがアルバムとアーティスト別トータルセールスの2冠

昨年いっぱいをもって惜しまれながら解散した国⺠的⼈気グループ・SMAPの25周年記念ベストアルバム「SMAP 25 YEARS」(ビクターエンタテインメント/昨年12月発売)が、期間内売上116.0万枚を記録し、今年度の上半期アルバムランキング(アルバム部門:作品別売上枚数)で1位を獲得した。

今作はSMAPのアルバム作品としては、同じく期間内100万枚突破を果たした「Smap Vest」(2001年度:期間内売上160.5万枚)の6位に続いて16年ぶり2度目の上半期TOP10入りを果たすとともに、初の1位獲得となった。

上半期における「100万枚突破アルバム」のランクインは、AKB48の「次の足跡」(2014年度1位:期間内売上103.7万枚)以来3年ぶり。男性アーティストとしては、Mr.Childrenの「Mr.Children 2005-2010<macro>」(2012年度1位:同105.6万枚)、「Mr.Children 2001-2005<micro>」(2012年度2位:同101.5万枚)以来5年ぶりとなる。

なお解散・引退および活動休止状態にあるアーティストによる上半期アルバム1位獲得は、獲得当時に活動休止状態にあったサイモン&ガーファンクル(1971年度:「明日に架ける橋」)に次いで2組目で、国内アーティストとしては初めて。

またSMAPは、1991年9月9日にシングル「Can’t Stop!! -LOVING-」でデビューしてから2016年12月31日の解散まで、およそ25年(25年4ヵ月)にわたり活動してきたが、上半期アルバム1位を獲得したアーティストのデビューからのキャリアとしては、1972年7月5日にシングル「返事はいらない」(荒井由実名義)でデビューした松任谷由実が、1993年度に「TEARS AND REASONS」で通算5度目の同部門1位を獲得した当時のキャリア年数となる、およそ21年(20年11ヵ月)を上回り、最⻑での達成となった。

さらにSMAPは、今年度上半期における、⾳楽ソフト(シングル・アルバム・ミュージックDVD・ミュージックBlu-ray Disc)の期間内総売上⾦額が86.7億円となり、初の上半期アーティスト別トータルセールス(ATS部門)1位の座に輝いた。なお、上半期ATS部門は2009年度より総売上⾦額を基準として発表開始、SMAPは2009年度に9位(期間内総売上⾦額22.8億円)を獲得して以来の同部門ランクインとなる。

⾳楽映像作品「Clip! Smap! コンプリートシングルス」(昨年12月発売)も、⾳楽DVDとBDの期間内売上枚数を合算集計した、上半期総合ミュージックDVD・BDランキング(同部門:作品別売上枚数)で期間内合算49.7万枚(DVD:26.8万枚、BD:22.9万枚)を売り上げ、2位を獲得。DVD、BD総合部門の各作品別売上枚数ランキングでも、いずれも2位で初の上半期TOP3入りを果たし、前出アルバムの好調ともに上半期ATS部門制覇を後押しした。

そして、今年度の上半期アルバムランキング(アルバム部門:作品別売上枚数)で存在感を発揮したのは、初の上半期同部門TOP10入りを果たした3組。いずれも上半期のみならず自己最高となる⾳楽作品売上枚数を記録してのランクインとなった。

back numberは初のベストアルバム「アンコール」(ユニバーサル ミュージック/昨年12月発売)が期間内売上52.8万枚で3位を獲得した。同作は、週間ランキング初登場となった今年1月9日付から2月27日付まで8週連続でTOP10入りするなど期間内を通じて好調をキープ。昨年度上半期では「シャンデリア」が11位となり初のTOP10入りまであと一歩と迫っていたが、今回一気に上半期TOP3入りを達成した。

ONE OK ROCKは、約2年ぶりのアルバム「Ambitions」(A-Sketch/1月発売)が同33.2万枚で6位にランクイン。ONE OK ROCKは過去に2013年度で「⼈生×僕=」、2015年度で「35xxxv」がいずれも11位を獲得していたが、今年1月23日付週間ランキングでも1位を獲得するなどファンの期待に応える結果を残した同作で上半期TOP10入りを果たしている。

Suchmosの2ndアルバム「THE KIDS」(SPACE SHOWER MUSIC/1月発売)が同14.7万枚で10位に登場。同作が今年2月6日付でアルバム、シングル通じて初の週間ランキングTOP10入り(2位)を達成するなど、今年初めに大ブレイクを遂げた勢いそのままに、上半期上位獲得となった。

また前回ランクイン時よりも期間内売上枚数、順位ともに上げて上半期TOP10内にランクインしたのはゆずで、デビュー20周年記念オールタイム・ベストアルバム「ゆずイロハ 1997-2017」(SENHA&Co./4月発売)が同29.1万枚で7位に。2014年度に「新世界」が記録した同21.9万枚、10位をいずれも上回っての3年ぶり上半期TOP10入りで、根強い⼈気をうかがわせた。

今年度の上半期におけるアーティスト別トータルセールス(ATS部門)は、グループ解散の衝撃の大きさを象徴するかのようにSMAPが1位を獲得したが、そんななか、back numberがアルバム部門同様に大躍進。⾳楽ソフト(シングル+アルバム+ミュージックDVD+ミュージックBD)の期間内総売上⾦額26.8億円を記録し、初のATS部門TOP10入りで7位を獲得した。

⾳楽ソフト自己最高売上を記録するとともに、その結果を大きくけん引したアルバム「アンコール」は上記の8週連続TOP10入りに加え、初登場週の今年1月9日付から上半期集計の締めとなる6月19日付まで24週連続でTOP100入りを果たすロングヒットに。同作の週間ランキングにおける獲得最高位は意外にも2位だが、これに勝るとも劣らない強烈なインパクトを上半期の⾳楽シーンに刻み込んだ。

オリコン2017年上半期アルバムセールス部門

順位
売上枚数(万枚)
タイトル
アーティスト
発売元
1
116.0
SMAP 25 YEARS
SMAP
ビクターエンタテインメント
2
63.3
サムネイル
AKB48
キングレコード
3
52.8
アンコール
back number
ユニバーサル ミュージック
4
45.2
THE JSB WORLD
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
rhythm zone
5
37.7
生まれてから初めて見た夢
乃木坂46
ソニー・ミュージックレコーズ
6
33.2
Ambitions
ONE OK ROCK
A-Sketch
7
29.1
ゆずイロハ 1997-2017
ゆず
SENHA&Co.
8
23.4
MUSIC COLOSSEUM
Kis-My-Ft2
エイベックス・トラックス
9
15.8
Ballad Selection
KinKi Kids
ジャニーズ・エンタテイメント
10
14.7
THE KIDS
Suchmos
SPACE SHOWER MUSIC

オリコン2017年上半期アーティスト別トータルセールス部門

順位
売上金額(億円)
アーティスト
発売元
1
86.7
SMAP
ビクターエンタテインメント
2
62.1

ジェイ・ストーム
3
44.4
AKB48
キングレコード,AKS
4
35.4
Kis-My-Ft2
エイベックス・トラックス
5
31.7
乃木坂46
ソニー・ミュージックレコーズ
6
28.7
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
rhythm zone
7
26.8
back number
ユニバーサル ミュージック
8
20.8
関ジャニ∞
インフィニティ・レコーズ
9
19.5
Hey! Say! JUMP
ジェイ・ストーム
10
19.3
NEWS
ジャニーズ・エンタテイメント

AKB48、前人未踏となる上半期7年連続シングル1位・2位独占&ミリオン達成

シングル部門では、AKB48の48thシングル「願いごとの持ち腐れ」(キングレコード/5月発売)が、期間内売上135.1万枚で1位を獲得。続いて今年4月にグループを卒業した小嶋陽菜がセンターを務めた47thシングル「シュートサイン」(同/3月発売)が期間内売上108.0万枚で2位となり、前⼈未到の7年連続“1位・2位独占&ミリオン”を達成した。

AKB48の上半期シングル1位獲得は、2011年の「Everyday、カチューシャ」(2011年5月発売)から7年連続。中森明菜(1986・87年)、宇多⽥ヒカル(2001・02年)、嵐(2009・10年)の3組による2年連続を2013年に上回り歴代単独1位となった「同連続1位獲得年数記録」を、今期さらに更新した。またAKB48の上半期シングル1位・2位独占も同じく「Everyday、〜」と「桜の木になろう」(2011年2月発売)で記録した2011年から7年連続となり、こちらも2013年に3年連続の新記録を樹⽴して以降、歴代最多記録を更新し続けている。

さらに、AKB48は2011年より続く上半期シングルミリオンセールス達成年数記録についても、7年連続へと記録を更新。B’z(1993〜96年)、Mr.Children(1994〜97年)の2組による4年連続を2015年に上回り歴代単独1位となった前⼈未到の新記録を、今年もさらに伸ばしている。

また、同部門3位には乃木坂46の17thシングル「インフルエンサー」(ソニー・ミュージックレコーズ/3月発売、期間内売上99.8万枚)、4位には欅坂46の4thシングル「不協和⾳」(ソニー・ミュージックレコーズ/4月発売、期間内売上74.3万枚)が入り、秋元康プロデュース作品が上位TOP4を独占。秋元作品による上半期シングルTOP4独占は、2015年(3位にSKE48「コケティッシュ渋滞中」、4位に乃木坂46「命は美しい」)に次いで通算2度目となった。

そして、シングル部門では、嵐の51thシングル「I’ll be there」(ジェイ・ストーム/4月発売)が期間内売上43.4万枚で5位に入り、同グループが歴代1位記録を誇る「上半期シングル連続TOP10入り年数」を11年連続に更新した(2位はAKB48の7年連続)。

また、関ジャニ∞の「なぐりガキBEAT」(インフィニティ・レコーズ/1月発売)が期間内売上30.9万枚で2014年の「キング オブ 男︕」(10位)以来3年ぶり通算5度目のTOP10入りを記録したほか、Hey! Say! JUMPのシングル「OVER THE TOP」(ジェイ・ストーム/2月発売)と「Give Me Love」(同/昨年12月発売)が8位・9位にそれぞれ入り、同グループ初の2作同時TOP10入りを果たした。

なお上半期集計期間内(26週間)において、週間100位内の”登場週数“が最も多かったシングルは、ドラマ「逃げるは恥だが役に⽴つ」(TBS系)の主題歌として、出演者が踊る「恋ダンス」でも話題を集めた星野源の「恋」(ビクターエンタテインメント/昨年10月発売)、そして⼥性アーティストの1stシングル歴代最高初週売上を記録したアイドルグループ・欅坂46のデビュー作「サイレントマジョリティー」(ソニー・ミュージックレコーズ/昨年4月発売)と「世界には愛しかない」(同/昨年8月発売)の3作が26週連続TOP100入りの最多ランクインを記録した。

とくに星野源の「恋」は、発売以来36週連続TOP100入り(2016年10月17日付〜2017年6月19日付)を続けているほか、欅坂46の「サイレント〜」は、2016年11月7日付の108位を除いて発売以来TOP100入りを続けており、これらの作品が昨年から現時点まで⻑く⽀持されていることがうかがえる結果となった。

これまで過去3年の同期各1位作品を振り返ると、2016年はAKB48「唇にBe My Baby」(26週)、2015年は中島みゆき「⻨の唄」(18週)と大沢桃子「うすゆき草の恋」(18週)、2014年は福⽥こうへい「南部蝉しぐれ」(26週)とAKB48「恋するフォーチュンクッキー」(26週)がそれぞれ獲得している。

オリコン2017年上半期シングルセールス部門

順位
売上枚数(万枚)
タイトル
アーティスト
発売元
1
135.1
願いごとの持ち腐れ
AKB48
キングレコード
2
108.0
シュートサイン
AKB48
キングレコード
3
99.8
インフルエンサー
乃木坂46
ソニー・ミュージックレコーズ
4
74.3
不協和音
欅坂46
ソニー・ミュージックレコーズ
5
43.4
I’ll be there

ジェイ・ストーム
6
32.0
僕以外の誰か
NMB48
laugh out loud records
7
30.9
なぐりガキBEAT
関ジャニ∞
インフィニティ・レコーズ
8
30.0
OVER THE TOP
Hey! Say! JUMP
ジェイ・ストーム
9
28.3
Give Me Love
Hey! Say! JUMP
ジェイ・ストーム
10
26.7
バグっていいじゃん
HKT48
ユニバーサル ミュージック

ミスチル25周年配信限定ベストが上半期DL数首位、僅差でback number「アンコール」

今年度より発表開始となった上半期デジタルアルバムランキング(デジタルアルバム部門:作品別DL数ランキング)では、Mr.Childrenのデビュー25周年記念配信限定ベストアルバム2作が配信開始からわずか1ヵ月半でともに上位入りを果たし、「Mr.Children 1992-2002 Thanksgiving 25」(期間内8.6万DL:トイズファクトリー/5月配信開始)が1位、「Mr.Children 2003-2015Thanksgiving 25」(同7.2万DL:同)が3位を獲得した。

僅差で2位を獲得したのは、back numberの「アンコール」(同8.5万DL:ユニバーサル ミュージック/昨年12月配信開始)。4位はONE OK ROCKの「Ambitions」(同6.9万DL:A-Sketch/1月配信開始)、7位にSuchmosの「THE KIDS」(同3.5万DL:SPACE SHOWER MUSIC/1月配信開始)がそれぞれ獲得し、CD盤でも上半期アルバムランキングTOP10入りを果たした3作品が、同ランキングでもそろってTOP10入り。また宇多田ヒカルの「Fantôme」(同3.6万DL:ユニバーサル ミュージック)が昨年9月配信開始にもかかわらず6位となり、根強い⼈気をうかがわせた。

そのほか、映画サントラ2作が健闘を⾒せ、「ラ・ラ・ランド(オリジナル・サウンドトラック)」(同4.2万DL:ユニバーサル ミュージック/昨年12月配信開始)が5位、「ワイルド・スピード アイスブレイク(オリジナル・サウンドトラック)」(同2.3万DL:ワーナーミュージック・ジャパン/4月配信開始)が9位にそれぞれランクイン。

また、洋楽作品では、今年1月に来日し、精⼒的なプロモーションでファンを喜ばせたブルーノ・マーズの「24K Magic」(同3.1万DL/ワーナーミュージック・ジャパン/昨年11月配信開始)が8位に。また自身も出演するソフトバンクCMに起用されている「ホワット・ドゥ・ユー・ミーン?」を収録したジャスティン・ビーバーの「Purpose」(同2.2万DL:ユニバーサル ミュージック/2015年11月配信開始)が10位に入った。

オリコン2017年上半期デジタルアルバム部門

順位
DL数(万DL)
タイトル
アーティスト
発売元
1
8.6
Mr.Children 1992-2002 Thanksgiving 25
Mr.Children
トイズファクトリー
2
8.5
アンコール
back number
ユニバーサル ミュージック
3
7.2
Mr.Children 2003-2015 Thanksgiving 25
Mr.Children
トイズファクトリー
4
6.9
Ambitions
ONE OK ROCK
A-Sketch
5
4.2
ラ・ラ・ランド(オリジナル・サウンドトラック)
Various Artists
ユニバーサル ミュージック
6
3.6
Fantôme
宇多田ヒカル
ユニバーサル ミュージック
7
3.5
THE KIDS
Suchmos
SPACE SHOWER MUSIC
8
3.1
24K Magic
ブルーノ・マーズ
ワーナーミュージック・ジャパン
9
2.3
ワイルド・スピード アイスブレイク(オリジナル・サウンドトラック)
Various Artists
ワーナーミュージック・ジャパン
10
2.2
Purpose
ジャスティン・ビーバー
ユニバーサル ミュージック

嵐が史上初となる2度目の上半期映像全部門制覇

上半期映像(DVD/BD)ランキングでは、嵐の最新ライブDVD&Blu-ray Disc「ARASHI LIVE TOUR 2016-2017 Are You Happy?」(ジェイ・ストーム/5月発売)が、期間内にDVD:33.5万枚、BD:35.6万枚を売り上げ、「DVD部門」「BD部門」で1位を獲得。またミュージックDVDとミュージックBDの売上枚数を合算した「総合ミュージック映像ランキング」でも期間内売上69.1万枚で1位となり、映像ランキング全部門を制覇した。

上半期の映像ランキング全部門制覇は、2015年に嵐自身が「ARASHI BLAST in Hawaii」(ジェイ・ストーム/2015年4月発売)で獲得して以来、史上2度目の快挙となった(期間内売上はDVD:34.2万枚、BD:29.0万枚、合計:63.2万枚)。

また、嵐のDVD作品による上半期総合1位は今作で通算7作目となり、自身が持つ歴代記録の「上半期DVD総合1位獲得数」を更新した。

続いてBD作品での期間内売上35.6万枚は、自身が「ARASHI BLAST inHawaii」で2015年に記録した「ミュージックBD部門」での最高売上枚数29.0万枚を上回り、同部門上半期最高を記録。またミュージックBD作品としては史上初となる期間内売上30万枚突破を果たした。

さらに「総合ミュージック映像ランキング」でも、上半期発表を開始した2015年に「ARASHI BLAST in Hawaii」で記録した63.2万枚を上回り、同部門歴代売上1位となった。

オリコン2017年上半期総合ミュージックDVD・Blu-ray Discセールス部門

順位
売上枚数
タイトル
アーティスト
発売元
1
69.1
ARASHI LIVE TOUR 2016-2017 Are You Happy?

ジェイ・ストーム
2
49.7
Clip! Smap! コンプリートシングルス
SMAP
ビクターエンタテインメント
3
25.1
CONCERT TOUR 2016 I SCREAM
Kis-My-Ft2
エイベックス・トラックス
4
22.1
関ジャニ’sエイターテインメント
関ジャニ∞
インフィニティ・レコーズ
5
19.6
Hey! Say! JUMP LIVE TOUR 2016 DEAR.
Hey! Say! JUMP
ジェイ・ストーム
6
19.1
HiGH & LOW THE LIVE
Various Artists
rhythm zone
7
14.3
EXILE ATSUSHI LIVE TOUR 2016 “IT’S SHOW TIME!!”
EXILE ATSUSHI
rhythm zone
8
13.5
Music Video Tour 2010-2017
星野源
ビクターエンタテインメント
9
13.3
NEWS LIVE TOUR 2016 QUARTETTO
NEWS
ジャニーズ・エンタテイメント
10
11.9
namie amuro LIVE STYLE 2016-2017
安室奈美恵
Dimension Point

オリコン2017年上半期DVDセールス部門

順位
売上枚数(万枚)
タイトル
アーティスト
発売元
1
33.5
ARASHI LIVE TOUR 2016-2017 Are You Happy?

ジェイ・ストーム
2
26.8
Clip! Smap! コンプリートシングルス
SMAP
ビクターエンタテインメント
3
19.6
Hey! Say! JUMP LIVE TOUR 2016 DEAR.
Hey! Say! JUMP
ジェイ・ストーム
4
17.7
CONCERT TOUR 2016 I SCREAM
Kis-My-Ft2
エイベックス・トラックス
5
14.4
関ジャニ’sエイターテインメント
関ジャニ∞
インフィニティ・レコーズ
6
14.2
HiGH & LOW THE LIVE
Various Artists
rhythm zone
7
11.0
EXILE ATSUSHI LIVE TOUR 2016 “IT’S SHOW TIME!!”
EXILE ATSUSHI
rhythm zone
8
8.3
namie amuro LIVE STYLE 2016-2017
安室奈美恵
Dimension Point
9
7.42
GENERATIONS LIVE TOUR 2016 SPEEDSTER
GENERATIONS from EXILE TRIBE
rhythm zone
10
7.36
AAA Special Live 2016 in Dome -FANTASTIC OVER-
AAA
エイベックス・トラックス

オリコン2017年上半期総合Blu-ray Discセールス部門

順位
売上枚数(万枚)
タイトル
アーティスト
発売元
1
35.6
ARASHI LIVE TOUR 2016-2017 Are You Happy?

ジェイ・ストーム
2
22.9
Clip! Smap! コンプリートシングルス
SMAP
ビクターエンタテインメント
3
16.7
ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー MovieNEX(初回限定版)
フェリシティ・ジョーンズ
ウォルト・ディズニー・ジャパン
4
10.0
シン・ゴジラ Blu-ray特別版
長谷川博己
東宝
5
7.8
関ジャニ’sエイターテインメント
関ジャニ∞
インフィニティ・レコーズ
6
7.6
シン・ゴジラ Blu-ray
長谷川博己
東宝
7
7.5
CONCERT TOUR 2016 I SCREAM
Kis-My-Ft2
エイベックス・トラックス
8
7.2
【初回仕様】ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 ブルーレイ&DVDセット
エディ・レッドメイン
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
9
6.5
ラブライブ!サンシャイン!! 7【特装限定版】
アニメーション
バンダイビジュアル
10
6.3
ペット ブルーレイ+DVDセット
アニメーション
NBCユニバーサル・エンターテイメント

オリコン調べ(oricon.co.jp

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。