ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

【稼げる資格】実例インタビュー「雑貨、カフェ・・好きなことを追求できる憧れの仕事」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:keimanahensyu:20170614204532p:plain

誰もが稼げる資格はなくても、あなただから稼げる資格は必ずある。

資格選びで大切なのは、あなた自身の「これまでの経験」「今の興味」そして「将来のイメージ」と、どれだけしっくりくるか。

そこで、編集部が注目する資格について、「実際に資格を活用されている方」の実例をじっくり伺ってきました。実際に未経験から資格を取得し成功した人の話だから、リアルな活用の仕方がわかります。

今回は、「雑貨カフェクリエイター」を活用されている方にインタビュー。未来のあなたの声を聞いて下さい。

「講座でプロの先生から学び、資格を取ったことが

カフェと物販の店を経営する「道しるべ」に。

理想の店を開くことができました」

前職はサラリーマン。

カフェと物販の店を開くために講座を受講

コーヒーの香りに包まれた店内で、取材に応じてくれた山口さん。15年10月に開業して3ヵ月で常連客がつき、予想以上に手応えがあるという。「僕はずっとサラリーマンをしていて飲食業や物販業は未経験でしたが、自分なりに理想の店を開けたのは、雑貨カフェクリエイター講座で学んだからだと思います」。

「自分のカフェを開きたい」という長年の夢があった。でも、何から始めたらいいのかわからない。そこでカフェを経営する人の話を聞いてみることにした。「知人の紹介で訪ねたカフェの店主がたまたま講座の修了者だったことから、受講を勧められました」。すぐに授業見学へ行き、人気店を手がけてきたプロの講師から学べると知り、受講を決めた。11年秋から4ヵ月間学び、約3年後に開業を果たした。

f:id:keimanahensyu:20170614204553p:plain

奥様の朋子さん(写真左)と二人三脚でカフェを運営。朋子さんは接客のほか、店で出すケーキやクッキーなどお菓子作りを担当している。

講座で学んだことや先生からのアドバイスを

活かして理想の店に

講座では人気店にするための事業計画の立て方、経営に必要な数字、店舗・厨房設計など幅広く学べた。

修了して資格認定証を手にしたときには「道しるべができたと思いました」。その「道しるべ」があったから納得のいく店づくりができた。心地よく過ごせて「また来たい」と思えるような空間づくりや色使いなど、学んだことが役立った。セールスポイントも必要と教わったので、自家焙煎コーヒーにこだわり、豆の物販も手がけることに。「開業直前には講座の先生から“豆を売るにはアピールが重要”とアドバイスされました。そこでブログやSNSで、自家焙煎コーヒー豆の販売もしていることを常に発信するようにしました。最近ではコーヒー豆を買うために来店するお客様も増えています」。

もうひとつ、講座の仲間とのつながりが得られたこともうれしいという。「経営の相談にのってもらったり、情報交換をしたり。店のイベントにも呼んでもらっていて、家族ぐるみのお付き合いになっています」。カフェ経営という仕事を心から楽しんでいる山口さんだ。

いかかでしたか?あなたにとって「雑貨カフェクリエイター」は、新しい人生を切り開けそうな資格でしたか?資格という武器を手に入れて、あなたもぜひ稼げる力を手に入れてください。

構成/文 ケイマナニュース!編集部 取材・文/小林裕子(小林編集事務所) 撮影/不破正史(エス・シー・プロ) 山口英之さん(当時41歳)

会社勤めをしながら講座で学び、12年春に資格を取得。14年10月に会社を退職。15年10月に愛知県豊橋市で「yahitо coffee」を開業した。

※この記事は2016年2月取材時点での情報をベースに、再度取材対象者の方に確認をとり掲載しています。

関連記事リンク(外部サイト)

【稼げる資格】実例インタビュー「マーケティング×ウェブ・ITの力で中小企業を元気に」
職業カタログ~未経験から目指せる「人々の暮らしを、今よりちょっと豊かにするお仕事」4選~
職業カタログ~未経験から目指せて在宅でも働ける「手に職がつくお仕事」3選~

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ケイマナニュース!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。