体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

自然の中で過ごすお祭り、北の住まい設計社「夏至祭」開催迫る

kitanosumai-geshimatsuri_001

持ち寄りパーティーとチャリティーコンサート

2017年6月24日(土)、北海道・東川の北の住まい設計社にて「夏至祭」が開催されます。

夏至祭は北の住まい設計社が毎年夏至近くの週末に開くイベント。14回目となる今年は「FOREST」をテーマに、ガーデンマーケットやメイポールの飾り付けのほか、薪割り体験やフィンランドスタイルの焚き火、様々な樹種で作られた新作キッチングッズの販売なども予定されています。

パーティーは、参加条件が「1人1品持ち寄り+100円」という持ち寄り制。環境に配慮したものづくりに取り組む北の住まい設計社だけあって、お皿とカトラリーも持参を呼びかけています。

当日はチェロ奏者・土田英順氏によるチャリティーコンサートも開催。チャリティーコンサートの収益と寄付金はあわせて「東日本大震災支援じいたん子ども基金」へ寄付されることになっています。

夏至祭からの2週間は「MIDSUMMER WEEKS」として店舗内にて様々な販売イベントが進行。アパレルブランド「Lisette」の販売会や、各種ブランケットを取り扱う「Stjärnsund by Lake」、訳あり生地のスペシャルセールなどが行われます。

北海道の自然と美味しい空気、そして夏至の夕べを楽しめるここだけのお祭りです。6月の北海道はとても過ごしやすく気持ちのいい季節、遠方からもぜひ訪れてみてほしいイベントです。

kitanosumai-geshimatsuri_002 ショールームの前庭で開かれるガーデンマーケットとパーティー。 kitanosumai-geshimatsuri_003 夏至祭の象徴になっているメイポール。 kitanosumai-geshimatsuri_004 フィンランドスタイルの焚き火と合わせて今年は薪割り体験も。 kitanosumai-geshimatsuri_005 GOOD NEIGHBORS’ FINE FOODS

Landscape Products(ランドスケーププロダクツ)が食をテーマにしたプロジェクト。旅先で出会った食品を紹介します。

kitanosumai-geshimatsuri_006 なりた屋

きれいな空気と石狩川の豊富な水源に恵まれた自然豊かな愛別町で、化学肥料や農薬に頼らないお米・野菜作りをする直売所。

1 2次のページ
TABROOM NEWSの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。