体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

うどん愛好家ライターオススメの「トマトとレモンの爽やかうどん」

 年間400杯から500杯ものうどんを食し、各方面でライターとして活躍中のうどん愛好家ライター・井上こんさん(@koninoue)が、5月27日に「本っ当に美味しいのでおすすめです」とツイートした「トマトとレモンの爽やかうどん」が話題になっていたので実際につくってみました!

【すべての画像や動画はこちら】

これ本っ当に美味しいのでおすすめです。「トマトとレモンの爽やかうどん」。出汁は昆布・鰹節・イリコが最高ですが市販の白だしでも◎。柑橘はスダチでも◎。グルタミン酸を含むトマトは魚介だしとの相性抜群で潰すほど味に奥ゆきが出ます。すぐ作れて、食欲ないときにもよく、最高の夏うどんです! pic.twitter.com/Mt4JF8U4ds

— 井上こん (@koninoue) 2017年5月27日

■お手軽だけど、味覚&栄養が考えられたうどん

 材料は、うどん麺、トマト、レモン、だし汁をそれぞれお好みで。うどんは今回冷凍のものを使用しました。

 手順は電子レンジで解凍し水でしめた冷たいうどんに、市販のだしを水でうすめただし汁をかけ、輪切りにしたレモンとトマトを交互にのせ、小口ネギをぱらりと乗せたらできあがりだというかなりのお手軽さ。本来なら昆布、鰹節、イリコの出汁をとったものが美味しいそうですが、市販の白だしでも大丈夫だそうですよ。

 味のバリエーションとしては、ミョウガ、シソ、白ゴマを加えてもばっちりだそうです。レモンは、表面にワックスが使用されているものは食用重曹を揉み込んで洗い落としてくださいね。それでも気になる人は皮部分を切り落としてしまえばOK。

 さて、気になるお味ですが、レモンのさっぱりとした酸味とトマトの旨味が相性バッチリ! 井上さんによると、トマトの旨味はグルタミン酸で、魚介だしと相性抜群。潰すほど味に奥行きが出るそうですよ。さらにレモンの酸っぱさはクエン酸なので疲労回復にも効果アリ。

 夏の暑い日やイマイチ食欲がない日は、ささっとつくってお口の中からさっぱり爽やかにリフレッシュしてみてもいいかもしれませんね!

・協力:井上こんさん(@koninoue)

(大路実歩子 / 画像・編集部撮影)

関連記事リンク(外部サイト)

ジェネリックドンパッチを発見!久しぶりに口の中をパチパチさせてみた
25周年を記念し復刻!『夏のラ王 コク辛』は食欲そそる唐辛子&ねりごま
ポン・デにカレー?ミスド16日発売の『ドーナツカレー』一足お先に食べてみた

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会