体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

カナヲ『虚毒ノ夢』完成版公開:SMILE GAME BUILDERで楽しむゲーム制作 第6回

※本記事は、1月7日より開始した「SMILE GAME BUILDER」制作実演の連載です。

フリーゲーム作者による「SMILE GAME BUILDER」制作実演連載が開始 完成作はダウンロードして遊べる!

Qpic『スーパーフックガール外伝』 制作連載 1/ 2 / 3 / 完成作品ダウンロード
カナヲ『虚毒ノ夢』制作連載 1 / 2

 
カナヲです。ついに『虚毒ノ夢』も完成をむかえることができました。今回の記事では、ゲーム制作終盤のブラッシュアップ作業やバランス調整を中心にまとめていきます。

今回は『虚毒ノ夢』のリリースも同時に行っていますので、ゲームを遊んだ後にあとがき的に見てもいいし、先に記事を見て、内容を踏まえながらゲームを観察するのもいいかと思います。『虚毒ノ夢』本体は、記事末尾のリンクからダウンロードできます!

image1
 
今作は、2015年公開の探索ホラーADV『虚白ノ夢』の数年後の世界を舞台としたホラーADVです。ただし物語の理解に前作の知識はほとんど必要なく、主要な登場人物はいずれも新規キャラとなっており、 前作に触れていなくても今作単体で楽しめるようになっています。

「記憶」という要素がカギになるアドベンチャー

このゲームでは、記憶障害のせいで記憶が一日しか保てない主人公の未散(ミチル)が、3LDKの部屋に同居する兄の目を盗みながら記憶のかけらを探し、隠された真実に迫っていきます。ゲームの舞台はこの部屋のみで、SMILE GAME BUILDERならではの主観視点を最大限に活かした構造になっています。

image5
 
ミチルは基本的に日々を自由に過ごすことができます。一日は朝、昼、夕の3フェーズに分かれていますが、どの時間帯もやれることは変わりません。家の中を歩き、探索し、自分の記憶の空白期間を埋めるようななにかを探すことになるでしょう。しかしもちろん、なんのアテもなく探索するわけではありません。家の中には、あきらかに兄のユウが目を光らせている場所やものが存在します。
image4
 
とはいえ、ユウも四六時中ミチルを監視しているわけではありません。トイレに入っているとき、シャワーを浴びているとき、バルコニーで休憩しているとき……。ユウの目を盗む機会は必ずあります。
image6
 
ミチルは一日の出来事をノートに文字として記すことで、明日に記憶を引き継ぎます。日々のささいな手がかりも、数が集まれば確かな違和感と謎を浮き彫りにすることでしょう。その時こそ、ミチルは夢の中でかつての記憶を回想することになるのです。

あやしいものを探し、うまく調べ、ノートに残し、夢を見る。この繰り返しの果てに、きっと隠された真実があるはずです。

本作に仕込んだ「面白さ」とは?

このゲームは、なにかを調べるときに「今ここを調べてもユウに見つからないか?」「はやくしないとユウが戻ってくるかも……」と、兄のユウに見つかる緊張と恐怖……要するにドキドキがひとつのポイントです。それゆえに、システム上つねにユウの居場所を完全把握できるとは限りません。
image3
 
もちろん、「今バルコニーにユウはいるか?」「今玄関にユウの靴はあるか?」など、個々の場所をクリアリングすることは可能ですし、すると有利になるのですが、あまり慎重になりすぎると探索を始める前に時間が足りなくなってしまうでしょう。

1 2次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。