ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

Spotifyで累計550万再生を突破、謎のエレクトロ・デュオAmPmが快進撃

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Spotifyで累計550万再生を突破、謎のエレクトロ・デュオAmPmが快進撃

今年の4月下旬、素性一切不明のエレクトロ・デュオAmPm(アムパム)のデビューシングル「Best Part of Us (feat. Michael Kaneko)」が、国内外のSpotifyでヒットし、たった10日間で100万再生を突破。Spotify Japanをはじめ、一時は200を超えた全世界のプレイリストに彼らの楽曲がフューチャーされる、異例の事態となった。

グローバルな音楽ストリーミングサービスの登場によって、無名の日本人アーティストが、国境を超えてヒットしていく。ある種「理想」や、切実な希望のように語られてきた音楽業界の見解が、このAmPmのヒットによって、今まさに、現実になってきている。

前述のニュースから1ヶ月半が経った6月現在、彼らはさらなる快進撃を続けている。

まず、彼らの名前が知られるキッカケとなったヒット曲「Best Part of Us (feat. Michael Kaneko)」が、累計450万再生を突破。その後リリースされた新曲「I don’t wanna talk (feat. Nao Kawamura)」も、ついに先日100万再生を超えた。つまり彼らは、このたった1ヶ月半の間で、アーティストとして累計550万再生以上を稼ぎ出していることになる。

また、この無名の日本人エレクトロ・デュオの活躍に注目した世界屈指のダンスミュージック・レーベル「Armada Music」が、自社レーベル「Armada Deep」からの楽曲リリースをオファー。代表曲「Best Part of Us (feat. Michael Kaneko)」が、文字通り国境を超えて、海外レーベルから再リリースされることになった。

たとえ日本国内では無名の新人であっても、そのクリエイティブの高さを武器に、国境を超えてチャンスを掴むことができる。Spotifyの上陸とともに、多くのミュージックマンたちが、「そうなったらいいな」と思っていた未来を、この素性不明の二人組ユニットが着々と引き寄せてきている。

2017年、最大のダークホース。AmPmの快進撃に、今後も要注目だ。

AmPm on Spotify

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。