体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

永遠にご飯が足される豚カツ屋さんがあるらしい【静岡】

f:id:mesitsu_lc:20170605181510j:plain

青い海とデカ盛り定食が魅力の伊豆半島

メシ通レポーターのYELLOWでございます。今回は”陸の孤島”と呼ばれる静岡県下田市に、おいしい豚カツを求めて旅に出てみました。

まず、わざわざ伊豆半島の下田まで行って、海鮮系を食べないとか意味不明な気がしますが、実は伊豆急下田駅周辺には豚カツ屋さんが数軒あり、局地的な豚カツ激戦区だったりするのです。

f:id:mesitsu_lc:20170605181715j:plain

「で?」って言うのはなしの方向でお願いするとして、そんな豚カツ激戦区”伊豆急下田駅”周辺でも別格なレジェンド店があるのを、ご存じでしょうか?

「ご飯とカレーが食べ放題」とか、「スパゲティーやキャベツは盛られ放題」とか、「時にはオカズも追加される」などなど、数多くの伝説がある豚カツ屋さんでして、その筋の人たちには有名なお店があるのです。

天気も良いので軽い気持ちでツーリングがてらバイクで家を出たのですが、正直”陸の孤島”をなめていた可能性は否めません。筆者の家から往復距離350キロ、時間にして8時間……軽い気持ちでたどり着ける場所ではないとアドバイスしておきましょう。

f:id:mesitsu_lc:20170605181810j:plain

ちなみに伊豆の海はメチャメチャきれいなので、心が折れそうになる度に”海を眺めて無に帰る”と言うマインドコントロールで、どうにか下田に到着した事も付け加えておきましょう。

伊豆の伝説「とんかつ一」(とんかつはじめ)

f:id:mesitsu_lc:20170605182111j:plain

伊豆急下田駅周辺は、さして大きな町ではないので「とんかつ一」を探すのは難しくないと思います。

店の外観はシンプルながらも味わい深く、何かしら出来る予感がする店構えでは、ないでしょうか?

f:id:mesitsu_lc:20170605182153j:plain

”とんかつ(一)”とかっこで区切ることで”一(はじめ)”感を強調しているあたりに、店主のコダワリを感じますね!

1 2 3 4 5次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。