ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

【イベント情報】「鉄道」「猫と鉄道」の2つのコンセプトからなる写真展開催

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

「鉄道」「猫と鉄道」の2つのコンセプトからなる企画展「『鉄道』と『猫と鉄道』写真展」が7月25日から東京渋谷ギャラリー・ルデコで開催される。

©Daisuke Atsumi

猫×鉄道のユニークなコラボレーション

鉄道と人とをつなぐ駅の風景には猫が似合う−−古きよき町並みの中を走る鉄道風景には「猫」がよく登場することに着目し、「猫のいる鉄道情景」をテーマとした写真を展示。ローカル線や工業地帯の引き込み線、下町の線路端でくつろぐ猫など、プロ写真家をはじめ、猫写真界で注目を集める全国の猫写真家が撮影した、“思わずほっこり”する猫の写真が集結する。

©Takeshi Ikeno

23人の写真家による200点の作品を展示

鉄道写真専門のフォトライブラリー「レイルマンフォトオフィス」代表で、独自の視点から鉄道写真を多彩に表現し、出版や広告、TV 出演など幅広く活躍する鉄道写真家 山﨑友也、フィールドワークとしてアジア各国の鉄道を旅する 米屋こうじ、「空鉄」の用語を⼀躍世間に広めた吉永陽⼀、生まれ故郷の奥会津に在住しながら「俺しか撮れない只見線」を日々撮影し続ける郷土写真家 星賢孝、南阿蘇鉄道に魅せられ、南阿蘇村に移住した写真家 宮本快暢、小湊鐡道の養老渓谷で暮らす猫を撮った書籍「駅猫」の写真担当 Punkuma、鶴見線の「駅守猫」でおなじみの大塚義孝らの写真が展示されます。

テーマ別に3フロアで構成された展示は、大判を中心に約200 点の作品が会場に並び、鉄道やその沿線のゆかりの品も販売する。また、インクジェット印刷によるオリジナルフォトブックの展示・販売のほか、週末を中心に出展作家によるギャラリートークも開催を予定。鉄道ファンだけでなく、子どもから大人まで楽しめる充実したコンテンツが用意されている。

昨年の鉄道企画展から引き続き、2016年の熊本地震により⼀部が長期不通になっている「南阿蘇鉄道」の義援金も募る。

イベント概要

■イベント名:企画展示 「『鉄道』と『猫と鉄道』写真展」
■会 期:2017 年7 月25 日(火曜日)〜30 日(日曜日)
■開催時間:火・⽔・木 11:00〜19:00/⾦・土 〜20:00 / 日 17:00
※最終日30 日は17 時まで ※入場受付は終了の30 分前まで
■会 場:ギャラリー・ルデコ 3F・4F・5F (URL)http://ledeco.net
■入 場 料:500 円(⼩学⽣以下無料) 当日に限り再入場可
■企 画:星野俊光(写真家)
■主 催:ジャパンクリエイト株式会社フォトソリューション事業部
■公式HP:http://www.art‐books.jp/
■特設サイト:http://railwayphoto2017.jimdo.com/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
にゃんこマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。