体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

新発売『マヌカハニーをそのまま包み込んだ塩飴』塩職人ブレンドの国産塩の甘みが美味すぎる!

猛暑、いや酷暑が近づく日本列島。今年も熱中症対策として様々な塩飴が発売されている。6月に登場した『マヌカハニーをそのまま包み込んだ塩飴』は、通称・癒しの木からとれる貴重なハチミツと、塩職人が特別にブレンドした国産海水塩のコラボレーションが楽しめるというので要チェックだ!

 

ただの塩飴じゃない!「マヌカハニー」の魅力はココ!

「マヌカハニー」を使った化粧品や食品を手がけるラ・シンシア株式会社(大阪市淀川区)は、2017年6月7日に『マヌカハニーをそのまま包み込んだ塩飴』を発売。こちらは、先日ご紹介した「マヌカハニーをそのまま包み込んだのど飴」の塩飴バージョンである。

「マヌカハニー」とはニュージーランドに古くから伝わるハチミツで、原住民が”癒しの木”と呼ぶ「マヌカ」から採れる特別なハチミツだ。ニュージーランド国立ワイカト大学・生化学研究所によると、マヌカハニーの中には他のハチミツにない優れた抗菌物質UMFがあるとされていて、現地では医療現場で採用されるほど。

 

日本でも、ハチミツは栄養価の高さで人気だが、マヌカハニーには健康や美容に良い成分がたっぷり! 糖質(ブドウ糖・果糖・オリゴ糖)をはじめ、ビタミンB・C・K・ビオチン、アミノ酸、クエン酸(疲労回復に効果的)、ポリフェノール(抗酸化作用が期待できる)、カリウム、カルシウム、マグネシウム(酵素の働きをサポート)、鉄分、亜鉛など、毎日でも摂りたい栄養素がふんだんに含まれている。

さらに、ハチミツなのに虫歯になりにくいことが特長。一般的に、甘いお菓子=虫歯になるというイメージがあるが、虫歯の原因の多くは白砂糖。マヌカハニーの主成分は果糖とブドウ糖だから、虫歯になりにくいという。オーラルケアが丁寧にできないおでかけ時でも安心だ。

 

塩問屋の職人がブレンドした「国産海水塩」もスゴイ!

マヌカハニーだけでも贅沢なのに、そこに”特別な塩”を合わせた『マヌカハニーをそのまま包み込んだ塩飴』はかなりのプレミアム仕様! これまで様々な塩飴を食べてきたが、熱中症対策や塩分補給のためにこれだけ厳選した素材を使っているのはめずらしい。

『マヌカハニーをそのまま包み込んだ塩飴』に使用されている塩は、江戸時代から続く塩問屋がブレンドした純国産海水塩。塩の産地としで有名な兵庫県赤穂産をはじめ、愛知県美浜産、岡山県産、徳島県産、香川県産と5種類もの塩を職人がブレンド。マヌカハニーに合う風味に仕上げたというから、どれほどマッチしているか楽しみだ。

もちろん無香料・無着色、 人工甘味料や増粘剤、保存料も不使用。

 

じわ~っと広がる塩の甘みがたまらない!

『マヌカハニーをそのまま包み込んだ塩飴』は、スーパーやコンビニでよく見かける袋入りのキャンディとは見た目からして違いがある。外装は茶色い上質の紙パッケージで、オシャレな雑貨のよう。たかが塩飴、とあなどってはいけないクオリティだ。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy