ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

H ZETT M「弾き続けていたらこうなっていました」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

H ZETT M「弾き続けていたらこうなっていました」
J-WAVEの番組「GOOD NEIGHBORS」(ナビゲーター:クリス智子)。6月21日(水)のオンエアでは、“鍵盤の魔術師”、ミュージシャンのH ZETT Mさんをゲストにお迎えしました。

先月のH ZETTRIOとしての出演に続き、同番組には2度目の出演となるH ZETT Mさん。オンエア日の21日はニューアルバム「共鳴する音楽」のリリース日でした。ソロとしては4年半ぶりの作品とはいえ、H ZETTRIOなどで精力的なリリースやライブを続ける中、26曲と大ボリュームのアルバムとなっています。

今回、楽曲のタイトルもとてもユニークで、例えば「果てしないカーブ」という曲は「レコーディング終盤で、疲れたなと思った時にひねりだした曲」など、全て曲ができた後に曲のタイトルを命名しているのだそうです。

アルバムの「共鳴する音楽」の意味は、「音楽というエネルギーを表したというか…曲ができて、聴いた人がなにか思って、そこにハーモニーが作られているのではないかという気がしますし、そこから何かが変わっていくんじゃないかという期待を込めて」と明かしてくれました。

この日はアルバムから「新しいチカラ」「あしたのワルツ」を生演奏して頂きました。曲の合間には即興でJ-WAVEのジングルも軽いタッチで演奏。ちなみに「あしたのワルツ」は某CMでお馴染みの曲、実は今回のアルバムに初収録なのだそうです。

ピアノを習い始めた頃についてのリスナーからの質問にも答えてくれました。「習ってたときはコツコツと…習慣でしたね。4歳くらいから始めましたが、進路については考えたことなかったんですけど、弾き続けてたらこうなっちゃったという感じ。黙々と弾いてればなれると思います」(H ZETT Mさん 以下同)

そんなH ZETT Mさんですが、ライブの予定も発表されたばかりです。「ピアノ独演会2017秋 -共鳴の陣-」と題して9月24日(日)、東京・文京シビックホールで開催。「ピアノ1台で黙々と弾くというのをやろうと思っています。トリオだと3人のアンサンブルで駆け引きというかですが、独演会ではとつとつとトークもあります(笑)」とのことです。その他にもH ZETTRIOとしてのツアーも引き続き開催されます。詳細はオフィシャルサイトを是非チェックしてください!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「GOOD NEIGHBORS」
放送日時:月・火・水・木曜 13時−16時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/neighbors/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。