ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【リアルなお金の話】イギリスで買うと高いもの、安いもの6選

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

物価が高いイメージのあるイギリス。ロンドンの地下鉄の料金の高さは有名ですよね。でも、意外に安くて拍子抜けするものも。安いもの、やっぱり高いもの、両方みてみましょう。

※2017年6月19日現在、1£=約142円で算出しております。

【安い】食材

【リアルなお金特集】イギリスの高いもの、安いもの
外食すると割高ですが、食材自体は安いです。

野菜・果物と乳製品が特に安く感じられます。例えばパプリカ。日本では1つ100~150円ほどですが、イギリスの庶民派スーパー「Sainsbury’s」では3つで£1(約142円)とか。2.27リットルの大きな牛乳パックが£1(約142円)とか。

いちご、ブルーベリー、ブラックカラントなど各種ベリー類も1パック£2(約284円)くらいなので、ここぞとばかり朝のグラノーラにどっさり加えたりすることが可能に。

【安い】パブのビール

【リアルなお金特集】イギリスの高いもの、安いもの
お店によりますし、ビールにもよりますが、平均すると約500ミリリットルのジョッキ1杯で£2~3(約284~426円)でしょうか。都内だと中ジョッキは500~650円くらいかと思います。

結果、友達と飲みに行っても、日本の宴会のように食事がコースだったりしないこともあり、飲み会がとても安くつきます。

【安い】美術館・博物館の入場料

【リアルなお金特集】イギリスの高いもの、安いもの
安いというか、無料のところが多いです。有名な大英博物館だって、ナショナルギャラリーだって無料。ふらっと気軽に行けるとなると芸術に親しむ機会が多くなりますね。

次はイギリスで買うと高いものをご紹介します。

【高い】城などの観光

【リアルなお金特集】イギリスの高いもの、安いもの
エジンバラ城£16.5(約2,343円)、お風呂の名前の由来となったバースの公衆浴場跡が£15(約2,130円)など。博物館や美術館に無料で入れるところがある分、一層高く感じます。

【高い】ホテル

【リアルなお金特集】イギリスの高いもの、安いもの
ロンドンのホテルでは1泊1部屋£150(約21,300円)は当たり前。一人旅で節約したい場合、B&Bや民泊を利用すると、清潔なところが£70(約9,940円)以下でも見つかります。

【高い】直前に買う電車賃

【リアルなお金特集】イギリスの高いもの、安いもの
日本と同じ感覚で近場の片道チケットを買う場合、高くつきます。ケンブリッジからロンドンまで乗車1時間前後の距離ですが、片道£23.6(約3,351円)! これは、どの電車にも乗れるタイプのチケットだから。

イギリスの電車料金は、12週間前から売り出され、航空券のように早く予約するほど安く買えるシステム。早めに、近場であっても便指定をし、混まない時間帯を狙うと、これが£6(約852円)にまで下がります。

また、日帰り往復ができると復路分が大分安くなります。

日本の定額に慣れていると面倒ですが、早めに計画を立ててうまく買いたいものですね。

[All Photos by shutterstock.com]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。