ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

SNSでも話題 まるで花束のようなクレープ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

SNSでも話題 まるで花束のようなクレープ
J-WAVEで放送中の「GOOD NEIGHBORS」(ナビゲーター:クリス智子)のワンコーナー「MORI BUILDING TOKYO PASSPORT」。6月21日(水)のオンエアでは、SNSでも話題の、代官山にオープンした花とクレープの店「Taji Maji」を紹介しました。

「Taji Maji(タジマジ)は中世の花束の呼び名で、ウェディングブーケの起源になっていて、そもそもは魔除けに使ったり、手元にずっと持っている花束のことでした。「クレープ自体が花束に似ているなというのと、花束は人に気持ちを伝えるもので、僕たちも作ったクレープをお客様に伝えていくっていう意味で似ているので」と語ってくれたのはオーナーの掛川哲司さん。花には花言葉がありますが、その意味とクレープの味をセットで楽しんでもらえたら、との思いがあるそうです。

今、店頭に出ているクレープは12種類。それぞれに花の名前がついていて、花のたたずまいや花言葉をイメージしてレシピが作られているそうです。

「たとえばキャラメルのクレープには『アドニス』という名前がついています。アドニスの花言葉は『失恋、苦い思い出』なので、キャラメルの味のイメージからつけていて、失恋したときの苦くて甘い物語みたいなものを食べたときに感じてもらえたら面白いと思いました」(掛川さん)

クリスは「シンビジウム」という名のクレープを食べ、とてもおいしかったそうです。シンビジウムの花言葉は「華やかな恋」。「ライチ、ハイビスカスのゼリー、木苺のマシュマロなどが入っていて見た目も華やかですが、食べるごとに味が違うんです。食感も。それがこのお店のクレープの美味しさなんだなと思いました」(クリス)

お天気の日にぜひ行きたい、花屋を併設したクレープ屋「Taji Maji」。ホームページもかわいらしいのでぜひ覗いてみてください。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「GOOD NEIGHBORS」
放送日時:月・火・水・木曜 13時−16時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/neighbors/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。