ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

飛行機はもったいない?オーストラリアを旅するなら「バスツアー」がおすすめ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
飛行機はもったいない?オーストラリアを旅するなら「バスツアー」がおすすめ

日本の20倍もの面積を持つオーストラリア。ケアンズからシドニーの間に、日本列島が収まってしまうそうです。せっかくならいろいろ行きたい!LCCも安いし!その気持ちも分かります。

でもちょっと待って。その都市と都市の間にこそ、オーストラリアらしい町や雄大な自然があります!

私はワーキングホリデーで約2年オーストラリアに滞在し、ほぼ一周陸路で回りました。その時に私が何回も利用した移動型バスツアーを今回はお伝えします!

 

1.シティの間にこそ、大自然オーストラリアのよさがある

Photo by Yuki

違う惑星に迷い込んだかのような光景が広がるこちらは、クーパーペディ。ウルルとアデレードの間にある町です。

世界最大のオパールの産地で、寒暖差が激し過ぎる荒野のど真ん中にある街のため、家は地下という珍しいところ。

Photo by Yuki

野生の牛が走る道や、

Photo by Yuki

ワイナリーのブドウ畑や、

Photo by Yuki

野生のカンガルーやワラビー、コアラに出会えることも。

mephliさん(@mephli)がシェアした投稿 – 2017 6月 15 3:51午後 PDT

ピンクレイクもシティから離れたところに位置しています。それだけを観に行くのはちょっと遠くて大変…。

 

2. オススメルート

Photo by Yuki

では実際どんなルートがあるのか。私のオススメはこちらです。

 

アリススプリングス ー ウルル(エアーズロック) ー アデレード

キングスキャニオン、風の谷、クーパーペディ、ひたすら続くアウトバック、フリンダース山脈、無名の塩湖など。

Photo by Yuki

アデレード ー メルボルン

グランピアンズ国立公園やグレートオーシャンロード。

Photo by Yuki

アデレード ー パース

イルカやアシカと泳げる海や、オージーでも行きにくいため手つかずの自然が残るエアー半島、カンガルーがいる白い砂浜のラッキーベイ、数多くのワイナリーがあるマーガレットリバーなど。

Photo by Yuki

パース ー ブルーム ー ダーウィン

ピナクルズ、白い砂丘でサウンドボードをしたり、モンキーマイヤでイルカをみたり、エクスマウスでジンベイサメと泳いだり。コーラルベイやシェルビーチといったグレートバリアリーフや、カリジニ国立公園、ウユニ現象が見られるブルーム、世界遺産バングルバングルも。

Photo by Yuki

ケアンズー ブリスベン ー ゴールドコースト ー バイロンベイ

その間にホワイトヘブンビーチへ行けるエアリービーチや、隠れたリゾートサンシャインコーストなどグレートバリアリーフが続きます。

 

3. 友達とレンタカー?リフト? 安心のバスツアー!

Photo by Yuki

いざ、オーストラリアを周りたい!ラウンドをしたい!と思って頂いたアナタ!その方法は様々です。
1.自分で車を買う
2.レンタカー
3.車を持っている友達と
4.SNSやバッパーでのでのリフトオファー(誰か一緒に行きませんか?と募集があります。)を活用する。
5.移動型バスツアーを利用する

3がベストな感じはしますが、ちょうどよくいるとは限りませんよね。2は結構高いし…1.4はリスクもあります。そもそもワーキングホリデーでなく旅行だったら、1、3、4は難しいですよね?

そこで、5のバスツアーです!

関連記事リンク(外部サイト)

【2016年からワーホリ税導入】オーストラリアでワーキングホリデーをする4つの理由
オーストラリアのワーホリ88日間で100万円貯金!まだ僕が続ける理由
オーストラリアで買えるオススメのお土産8選
オーストラリア東海岸の素敵スポット4選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。