ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

見た目がピーマンと似ているパプリカ、味や栄養価はどう違うの?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
見た目がピーマンと似ているパプリカ、味や栄養価はどう違うの?

スーパーで手頃な値段で購入ができ、色も鮮やかでつい手に取ってしまいたくなる夏野菜、パプリカ。生でも加熱してもおいしく、なにかと便利な野菜ですが、「パプリカにはどんな栄養素が含まれているの?」「ピーマンと似ているけど、違いは何?」など、詳しく知っている人は案外少ないのではないでしょうか。

ビタミンやカロテンが豊富な、カラーピーマンの一種

ビタミンやカロテンが豊富な「カラーピーマン」の一種

パプリカは、ピーマンやトウガラシと同じ「ナス科トウガラシ属」に分類される野菜です。学名も同じ「Capsicum annuum」で、分類上は同じもの。日本では、果実色の特徴から通称カラーピーマンということもありますが、その中でも栽培難易度の観点から呼び方が分かれ、大きなベル型で果肉が7~10mmと厚く、黄色・オレンジ色・赤色のものを「パプリカ」と呼ぶことが多いようです。

緑色のピーマンは未熟の状態で収穫されますが、パプリカは完熟果実。ピーマンには独特の青臭い香りと苦みがありますが、パプリカは黄色・オレンジ色・赤色と鮮やかで、甘みと酸味がバランス良く調和しているのが特徴です。
黄色やオレンジ色は、ゼアキサンチンというカロテノイドの一種の色素成分によるもの。赤色は、カプサンチンという色素成分によるものです。それぞれ「ビタミンエース」と呼ばれる、ビタミンA(カロテン)・C・Eを含んでいます。
意外に知られていませんが、実は、ビタミンCはパプリカから発見された成分。これによって、発見者はノーベル生理学・医学賞を受賞しています。

ピーマンとパプリカのおもな特徴は?

■パプリカ

おもに黄色、オレンジ色、赤色

ジューシーで、甘みと、ほのかな酸味がある

ビタミンA(カロテン)、C、Eを含む

完熟果実

ベル型で、100g以上と大きめで肉厚

生のままでも、加熱してもおいしい

■ピーマン

緑色

苦みがある

ビタミンC、A(カロテン)を含む

未熟果実

最近は肉薄のものが多い

青臭く、生食には向かない

生食でも、加熱してもおいしい!パプリカの食べ方

パプリカはビタミンやカロテンが豊富な「カラーピーマン」の一種

パプリカは生食でも加熱してもおいしく、使い勝手の良い野菜です。生のままスライスしてサラダに入れれば、彩りが加わり、見た目も華やか。また、ジュースやシャーベットにしても、甘くてフルーティーです。
加熱して食べる場合も、調理法はさまざま。油で炒めればカロテンの吸収効率が良くなるほか、熱を加えてもビタミンが失われにくいところも、うれしいポイントです。パスタやピザにトッピングすれば鮮やかな仕上がりになり、煮込み料理に使っても煮崩れすることなく、おいしく食べられます。
パプリカの甘さをシンプルに味わいたいなら、オーブントースターで皮が真っ黒になるまで加熱して、皮をむいて食べるのがおすすめ。甘みが増して、より一層おいしく感じられるでしょう。

最後に

形はピーマンと似ているけれど、味覚や栄養価の特徴が異なるパプリカ。苦みが少なくて味わいやすく、さまざまな調理法に適しています。料理に彩りを添えることもでき、普段から「買っておいて損はなし!」の野菜です。甘くて子どもも食べやすいので、ぜひ毎日の食卓に活用してみてください。杉本優子

杉本優子

カゴメ管理栄養士

カゴメ株式会社入社後、食育講座や料理教室を通じ食の大切さを伝える。一方、食品流通に対し野菜を軸としたメニューを開発、提案する。

食を通じて「健康寿命延伸」という社会課題の解決するため、カゴメの管理栄養士社員が立上げたプロジェクトの創設メンバー。「野菜の会社」としての知見とノウハウを凝縮したセミナー等を通じて、人々の生活をより健康に、より笑顔にすることを目指している。

最終更新:2017.07.04

※記事初出時、「ピーマンとパプリカが別のもの」と誤認してしまう
可能性のある表現となっておりましたので、一部修正いたしました。

文:齊藤カオリ
写真:Getty Images
監修:カゴメ管理栄養士 杉本優子
参考文献:
『もっとからだにおいしい野菜の便利帳』白鳥早奈英・板木利隆監修(高橋書店) 
『新特産シリーズ カラーピーマン』三村裕著(農山漁村文化協会)
出典:日本食品標準成分表2015年版(七訂)
農林水産省 東北農政局(ビタミンCの発見)
独立行政法人農畜産業振興機構(ビタミンCの発見)
JAグループ 野菜や果物のおいしい情報が満載!JAグループ「とれたて大百科」(パプリカの特徴)

VEGEDAY powerd by KAGOMEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。