ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

江東区社会福祉協議会の香山リカさん講演中止にさまざまな意見 「仕返しされて当然」「言論弾圧はやめるべき」

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
kagawarika_koen_01

江東区社会福祉協議会が2017年6月27日に開催予定だった『地域福祉セミナー なぜ今こども食堂が必要なのか ~こども食堂を通じた支え合いのまちづくり~』に登壇予定だった香山リカさんですが、主催側が2017年6月21日に講演会の中止を発表。理由としては、次のように説明されています。

主催者といたしましては、講演予定者の講演内容が地域福祉に適うものと判断し、本講演会を企画いたしましたが、講演者の他の機会での発言等に対しメール、電話等で多くのご意見をいただきました。その中には、当日の健全な進行を妨げる内容のものがあり、ご来場いただく皆様にご迷惑がかかることが予測されるため、参加者の皆様の安全を確保する観点よりやむなく中止の決定をさせていただきました。

講演会を目前に中止となりましたことは、誠に残念であり遺憾であります。

これを受けて、香山さんは次のようにツイート。


連投をお許しください。講演会中止の告知が再度アップされたとのことです。先ほどの「暫定版」のツイートは削除し、改めてみなさまにお知らせします。

香山さんは、さらに日本第一党党首の桜井誠氏のツイートのキャプチャーを引用し、「この講演会を発案されたのは豊洲こども食堂を運営する方たちで、何度も私のところに足を運び、豊洲の地域の状況などを説明くださいました。その後、私もこども食堂についていろいろ学び、来週の講演に備えていたのです。それだけに中止は本当に悔しいです」と述べています。

この講演会に関して、日本第一党当主の桜井誠氏が2017年6月14日に次のようにツイート。これに呼応して、抗議の電話やメールを呼びかけるツイートがいくつも投稿されていました。


香山リカ講演会のチラシがありました。別に左右に関わらず誰が講演会を開こうが構わないのですが、パヨク側はこちら側の講演会をレイシスト講演会だと叫び叩き潰しています。だったら同じことをされても文句はないですよね?香山先生?

小説家の松井計氏は、江東区社会福祉協議会に問い合わせした内容をツイート。


香山リカさんの講演中止につき、江東区の社協の人と電話で話した。〈講演の進行を妨げてやる〉旨の電話等が多くあり、テーマの関係から親子連れの参加者も見込まれる事から、安全面についての配慮で苦渋の決断だったとの事。その後、〈それでは脅迫に屈する事にはならないか?〉との電話も多いとの事。

さらに民進党の原口一博衆議院議員は、元民主党参議院議員の松浦大悟氏のツイートを引用して次のように言及。


百田尚樹さんの一橋大学での講演が中止になったかと思えば今度は香山リカさんの講演が中止。こんな事をやってたら自由に講演をする自由も講演を聞く機会も奪われる。私達、代議士の国政報告会も。。。公的施設でも積極的に使用できてこそ国民との対話もできる。法律を作るまでもない事だと思うが。

今回の講演会中止の背景には、一橋大学の『KODAIRA祭』が2017年6月10日に予定していた百田尚樹氏の講演会が中止に追い込まれたことも影響している模様。『Twitter』では、「百田氏のときは言論弾圧ではないと主張としていたのだから当然」という意見があった一方で「左右問わずこのようなやり方は許されない」「言論弾圧はやめるべき」という声も多数見られました。いずれにしても、左翼・右翼とも手段を問わない“潰し”に走っている現状となっていており、このような負の連鎖に歯止めがかかることが望まれます。

江東区社会福祉協議会「地域福祉セミナー」中止について(江東区社会福祉協議会) 
https://koto-shakyo.or.jp/chiikifukushi/2017-0621-1037-8.html [リンク]

※画像は『Twitter』より
https://twitter.com/rkayama/status/877353379176919041 [リンク]

ふじいりょうの記事一覧をみる ▶

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。