ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

HARIOコーヒードリッパーは「スピーカー」としても優秀だった

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
HARIOコーヒードリッパーは「スピーカー」としても優秀だった

シアトル、メルボルン、イーストロンドン、世界のコーヒータウンで活躍するバリスタたちが、わざわざ日本から輸入するコーヒードリッパーがあります。創業1921年の国産耐熱メーカーハリオ(HARIO)がつくる「V60」。HARIOコーヒードリッパーは「スピーカー」としても優秀だった

特徴は台形ではなく円すいのフォルム。さらに内側にはスパイラルリブと呼ばれる、おだやかな螺旋を描くリブ(溝)があること。

ワールドバリスタチャンピオンに愛用されるドリッパーが、まさかこんなカタチで活かされるとは、驚きでした。

ガラス職人の意匠が生きる
卓上ランプ…かと思いきや

HARIOコーヒードリッパーは「スピーカー」としても優秀だった

実のところV60と全く同じではありませんが、ガラスシェードの形状はほぼそれに近い渦巻き状のデザイン。これを逆さまにして、ドリッパーではまずあり得ない渦の先の大きな穴からガラスのツリーが伸びています。ツリー本体は、日本のガラス職人による手仕事。

逆さになったドリッパーの内部で優しく灯るのは、LEDライトのあかり。くつろぎのひとときにムードが増します。

逆さにしたドリッパーが
エンクロージャーの役目を果たす
コーヒー党のための「スピーカー」

HARIOコーヒードリッパーは「スピーカー」としても優秀だった

ムードが増したついでにBGMはいかがでしょう。この“逆さドリッパー”、実を言うと「光」と「音」を同時に楽しめる、Bluetooth対応スピーカーなのです。その名も「OTOHIKARI」。

やわらかな光を好きな音楽と一緒に。まさかそこにハリオのドリッパー技術が生きようとは…。お酒とともにリラックスタイムもいいけれど、やっぱりドリップしたてのコーヒーで、のんびり夜のひとときを楽しみたい。 Licensed material used with permission by HARIO(株)

関連記事リンク(外部サイト)

サードウェーブのきっかけは日本の喫茶店にあり【連載:とりあえず、コーヒー】
まるでランタン!有機ガラス管でできたスピーカーが美しい(SONY)
好みの淹れ方にカスタマイズできる「次世代型コーヒーメーカー」が登場

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。