体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

この夏カップルで行きたい【滋賀】人気デートスポット20選!定番から穴場まで

この夏カップルで行きたい【滋賀】人気デートスポット20選!定番から穴場まで 滋賀

夏がやってきた!「暑いところはちょっと…」夏に困るのがデートスポットですよね。

そこで今回は、滋賀県内で楽しめる、涼しいおでかけデートスポットをご紹介!

室内のスポットを中心に、カップルにおすすめなスポットをピックアップしました。

中心地・大津で楽しめる涼感スポットのほか、巨大アウトレットパークでゆっくりお買いもの、

彦根エリアで、ミュージアムやレトロショップめぐり、涼感たっぷりのクルージングなど・・・1日たっぷり楽しめますよ♪

記事配信:じゃらんニュース

※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました

大津エリア

びわこ花噴水

びわこ花噴水

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_25201ae2190023066/photo/

びわ湖観光の玄関口である大津港沖にあり、長さ440mの世界最大級の噴水。様々な形に変化しながら最高40mの高さまで噴き上がります。昼には涼感を満喫でき、夜はグリーン、オレンジ、クリアの3色にライトアップされ、幻想的な夜景を楽しめる人気スポット。

\口コミ ピックアップ/

夏に見るととても涼しい気持ちになります。夜はライトアップがあり幻想的になります。噴水も単調でなく、水量や角度が変化するので飽きません。

行った時期:(2015年8月)

とても綺麗で華やかさがある噴水でした。なかなかみられないですし、噴水を背にシャッターを切ってはいかがでしょう。とても絵になると思います。観光にオススメします。

行った時期:(2016年8月) びわこ花噴水

住所/滋賀県大津市大津港地先

「びわこ花噴水」の詳細はこちら

滋賀県立近代美術館

滋賀県立近代美術館

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_25201cc3300034097/photo/

国内外美術品(主に郷土美術、近代日本画、米・日現代美術)を収集・保管し、常設展示室において、展示替えを行いながら収蔵作品を紹介。特に郷土出身の女流画家・小倉遊亀の作品はコーナーを設けて展示しています。様々な企画展やイベントが開催され、レファランスルームでは美術館系図書やビデオを自由に閲覧することができます。

\口コミ ピックアップ/

リーズナブルなので、入りやすかったです。いろいろな展示があって、ゆっくり見れてオススメです。静かな雰囲気で良かったです。

行った時期:(2017年5月)

こんなに静かで充実して、大きな文化スペースがあるのはとてもうらやましいです。駐車しながら回ったところ、桜も紅葉も美しそうです。静かにウォーキングするかたがあったり、勉強している方があったり、良い雰囲気でした。広い図書館も感動で、検索機能も便利でした。美術品も入れ替えがありそうで、近隣の方がとてもうらやましいです。

行った時期:(2014年8月) 滋賀県立近代美術館

住所/滋賀県大津市瀬田南大萱町1740-1(文化ゾーン内)

「滋賀県立近代美術館」の詳細はこちら

浜大津アーカス

浜大津アーカス
1 2 3 4 5 6 7次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会