ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

“ニセ清志郎”再び!? ホフディラン20周年の集大成で、らしさ爆発の新録曲を配信!!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
“ニセ清志郎”再び!? ホフディラン20周年の集大成で、らしさ爆発の新録曲を配信!!

ホフディランが20周年記念イヤーの集大成として、新録音源を配信リリースした。

デビュー曲「スマイル」以降、数々のヒット曲を飛ばしてきたホフディラン。ワタナベイビーはソロ・ツアーも精力的にこなしつつ、“ニセ清志郎”としても多くのライヴやフェスへ出演し、故・忌野清志郎のディープなファンにも大歓声を浴び、さらに数々の話題CMソングも歌唱! 小宮山雄飛は音楽活動以外にも雑誌やWEBなどで10本もの連載を抱えつつ、カレーのレシピ本も大好評で、“渋谷区観光大使 クリエイティブアンバサダー”も務めている。

待ちに待った音源は2曲ともホフディランのいいとこ取りとなっており、“そう、これこれ!”と思うリスナーも多いはず。そのうち1曲はRCサクセションの名曲中の名曲「雨あがりの夜空に」。それだけでも意表を突く選曲の中、ゲストであの仲井戸”CHABO”麗市を迎えるという、面白過ぎる展開となっている。

ワタナベイビーは「こんな、神をも恐れぬバカなカバーを本当にやっちゃうのはホフディランだけ! そして、スペシャル・ゲスト・ギタリストとして、オリジナル! 原作者! 仲井戸“CHABO”麗市さんが参加してくれてしまうという、もう死んじゃいそうな出来事! こんな、神をも恐れぬバカなオファーをしたのも、オリジナル発表以来、約40年の間、ホフディランだけだそうです」とコメント。初期ホフディラン・テイストがバリバリの、ゴキゲンなパーティー・チューンとなった。

もう1曲「映画の中へ」は、全国SMT(松竹マルチプレックスシアターズ)映画館で上映前のポリシーシネマとして、ホフディラン自身がキャラクター出演するショートフィルムで流れていた音楽。ホフディランファン以外の映画好きからもCD化希望の声が多かった名曲である。こちらはミュージカル風のアレンジも相まって、さながら“ホフディラン版『ラ・ラ・ランド』”!? ちょっぴり大人でエバーグリーンなポップ・ソングに仕上がっている。

小宮山は「もともと『映画』というテーマを与えられて書いた曲ですが、結果的に自分の作品の中でも一番好きな歌詞になりました! 音源として出すまですっかり時間がかかってしまいましたが、ここに、最高の状態で皆さんにお届けします」とコメントしている。

さらに、新録2曲とともに、既発音源からライヴ音源3曲、1stアルバム『多摩川レコード』収録の「ホフディランのテーマ」をオリジナルCDとは異なるフル・サイズでそれぞれリマスタリングを行なった、全6曲を収録! こちらも楽しんで聴いてみてほしい。もちろん、OTOTOYでも絶賛配信中!

そして、7月2日(日)には渋谷O-EASTでライヴを開催。こちらも、ホフディランならではの仕掛けがたくさん詰まっている。ゲストにサニーデイ・サービス、真心ブラザーズといった盟友も参加。ラーメン評論家としても名高いサニーデイ・サービスの田中貴と小宮山がプロデュースし、ミシュラン店「Japanese Soba Noodles 蔦」もフードで出店。来場者を喜ばせる仕掛けが満載となっている。

さらに、仲井戸“CHABO”麗市氏も参加が決まっている。ということは……!? 20周年ライヴにも、期待が高まるばかりだ。(田)

配信限定シングル「雨あがりの夜空に/映画の中へ」
6月21日発売
PCSP-02260 ¥900(税込)
※各1曲¥250(税込)

・「ホフディラン20周年最後の晩餐 at TSUTAYA O-EAST」特設サイト
http://hoff.jp/e/h20/

「雨あがりの夜空に/映画の中へ」ティザー映像

https://youtu.be/cR-NlX9L76k
“ニセ清志郎”再び!? ホフディラン20周年の集大成で、らしさ爆発の新録曲を配信!!

「雨あがりの夜空に/映画の中へ」

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。