ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

まるでSF映画のコスチューム!人体の動きと同期して照明が点く衣服「Bodyscape」がスゴイ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

bodyscape_1テクノロジーとファッションの融合が、当たり前になりつつある昨今。テッカブルでもさまざまなアイテムを紹介してきたが、その斬新さとクリエイティビティには、毎回驚かされる。

今回取り上げる「Bodyscape」も、かなりスゴイ。人の動きに合わせて照明が点灯するという、SF的雰囲気満載のコスチュームだ。

・皮膚張力の原理に基づき開発

bodyscape_2「Bodyscape」は、ロサンゼルスを拠点に活動するクリエイティブデザイナー、Bahnaz Farahiによって考案された最新のファッションプロジェクトだ。立体的な形を作り出すために、3Dプリントを採用。近未来的なフォルムの形成に成功している。

本体にはジャイロスコープを搭載。これが着用者の肩の動きを追跡し、動作に合わせて全体に施されたLED照明が点灯する仕組みだ。

Farahi氏は、1861年に皮膚解剖学者のカール・レンジャーが発見した、皮膚張力の位相的経路に基づき、本品を開発したという。3D印刷物は本来硬く壊れやすいが、皮膚の最小張力線にマッピングされている場合は、最大力が垂直方向に加えられ、平行線が本体の動きに伴って、たわむことができる。その結果、身体が及ぼす力に応じて、さまざまな照明パターンが現れるのだ。

・めざすは対話型の照明システム

bodyscape_3Farahi氏が掲げる「Bodyscape」の目標は2つ。1つは、3Dプリントによるファッションアイテムのレベルアップと普及。もう1つは、これまでにない対話型の照明システムを、作り出すことにあるのだとか。

ファッションも単なる装飾から、インタラクティブの時代へ。より創造性に富んだアイテムが、これからの主流になりそうだ。

Bodyscape

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。