体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

被害妄想が強い場合は病気のサイン?医師が教える心を楽にする方法

被害妄想が強い場合は病気のサイン?医師が教える心を楽にする方法
皆さんは自分が「周囲から悪口を言われ嫌われているかも…」と思ったことはありますでしょうか?

しかし、事実とは全く違うにも関わらず、過度に被害妄想を抱いてしまい心身ともに疲弊してしまうことが多いのであれば、うつ病などの病気が隠れている可能性がありますので要注意です。

今回は、被害妄想の定義や特徴、改善方法について医師にお話を伺ってきました。

被害妄想とは

被害妄想が強い場合は病気のサイン?医師が教える心を楽にする方法
一般的に会話の中で「あの人被害妄想強いよね」と言われるような被害妄想と、精神・神経医学で言われる被害妄想とは少し違います。

医学で言う被害妄想とは、病的に強く、周囲が理論的に「そんなはずはない」と言っても説得できず、現実的ではない内容のものを指します。

被害妄想の特徴

被害妄想が強い場合は病気のサイン?医師が教える心を楽にする方法

一般的に言われる被害妄想

・「夜道で後ろから足音がする。誰かに付けられているかも?」

・「お財布がない!盗まれたかも?」

もしかしたらそういうことがあるかもしれないなと思えるような内容であり、「実はその足音はネコだった」「よく探したら財布があった」という場合にはあっさりと訂正されてしまうので、病的な被害妄想とは言えません。

病的な被害妄想

・「向かいの人が布団を布団たたきで叩いているのは、自分を殺してやるというメッセージだ」

・「テレビで自分の悪口を言っている」

・「悪の組織が電波を放出して私を病気にしようとしている」

・「誰かに毒を注射されている」

上記のように、どうしてそういった発想に至ったのか、正常人には理解できません。

■ 一次妄想

周囲の人がそんな訳ないと説明したり、先ほどの「誰かに毒を注射されている」を事例にすると、「具体的にどうやって毒を注射するの?できる訳ない」と理論の穴を追及しても、本人は疑いを持ちません。

このような突飛な妄想を一次妄想と言います。

■ 二次妄想

「職場で自分は迷惑がられている」「お嫁さんが私を追い出そうとして財布を隠した」といった、理解できなくはない妄想を二次妄想と言います。

病的な妄想は周囲がいくら「そういう事実はない」と説得してもくつがえされません。

被害妄想に関係する病気

被害妄想が強い場合は病気のサイン?医師が教える心を楽にする方法
病的な被害妄想が見られる病気は以下が挙げられます。

・統合失調症
・妄想性障害
・妄想性パーソナリティ障害
・うつ病
・躁うつ病(双極性障害)
・認知症
・様々な脳疾患

「いじめられているかもしれない」「嫌われているかもしれない」といった、人間関係に関する妄想については、本当かどうか確かめようがない部分もあり、病的な妄想なのか一般的な意味での被害妄想なのか、それとも事実なのかは線引きが難しいところもあります。

被害妄想は病院で治療できる?

被害妄想が強い場合は病気のサイン?医師が教える心を楽にする方法

検査

病的な妄想かどうかは、医師との面談や必要に応じて血液検査や脳の画像検査などを行って総合的に判断します。

1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。