体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大阪・中之島に、東京に次いで国内2軒目となる「コンラッド大阪」誕生!

大阪・中之島に、東京に次いで国内2軒目となる「コンラッド大阪」誕生! コンラッド大阪

アートと文化をテーマに、再開発が進む大阪・中之島エリア。そのランドマークとなる「中之島フェスティバルタワー・ウエスト」の最高層階(33~40階)に、ヒルトンの最高級ブランド「コンラッド大阪」がオープンしました。

地上200メートルに位置するこのホテルのテーマは「天空のアドレス」。

都会にいながらにして、光、空、水、山といった自然も感じられるラグジュアリーな空間が広がります。その中身に迫ってみましょう!

コンラッド大阪

6月9日 西日本初のコンラッドが開業

ビルの1階からエレベーターで一気に最上階の40階へ。扉が開いた瞬間、思わず 歓声を上げてしまう絶景が広がります。

水の都・大阪を象徴するように土佐堀川を見下ろし、目の前の高層ビル群の先には緑の山々。この贅沢な大パノラマを、すべてのパブリックスペースとすべての客室から望むことができます。

いつもの街が違って見える。そんな新しい発見に心が躍るのも、大きな魅力のひとつです。最上階40階から見る大阪の街並み

最上階40階から見る大阪の街並み

客室は全164室。すべてが50㎡以上のゆったりとした間取りで、室内は黒と赤を基調とした和のテイストで、落ち着いた雰囲気を演出しています。

客室のタイプは「デラックスルーム」「エグゼクティブルーム」「エグゼクティブスイート」「エグゼクティブコーナースイート」そして、1部屋だけの「コンラッドスイート」の5タイプ。

エグゼクティブルーム以上の客室に宿泊すると、エグゼクティブラウンジが利用できます。デラックスルーム スタンダードタイプの「デラックスルーム」50㎡。床から天井までの高さのある窓から眺める景色は、まるで絵画のよう「コンラッドスイート」のリビング・ダイニングスペース 220㎡ある「コンラッドスイート」のリビング・ダイニングスペース。キッチンやバー、ウォークインクローゼットなどを備えた最高級の客室「コンラッドスイート」のバスルーム

「コンラッドスイート」のバスルーム。浴槽は特注の木曽漆製。その他、南部鉄器の急須や有田焼の湯のみなど、伝統工芸品が随所に取り入れられている

「天下の台所・大阪」を体感するレストランは4つ

最上階にある「40スカイバー&ラウンジ」は夜景もおもてなしのひとつ。「たこ焼き」をモチーフにしたカクテル「タコヤキ・イン・ザ・スカイ」もあり、大阪ならではの遊び心も忘れていません。

「C:GRILL(シーグリル)」は大阪初の本格シーフードグリルレストラン。オールデイダイニングの「アトモス・ダイニング」は朝食、ランチ、ディナーのフルブッフェが楽しめます。

「蔵-鉄板焼&寿司」では、シェフが目の前で調理。ライブパフォーマンスが特別な夜にピッタリです。蔵—鉄板焼&寿司
1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy