体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

一生に一度は行きたい!世界遺産の島小笠原旅行の【リアルなお金の話】

【リアルなお金特集】一生に一度は行きたい!世界遺産の島小笠原旅行にかかったリアルなお金の話
旅にまつわるさまざまな費用や価格料金をとりあげるTABIZINE【リアルなお金の話】特集。今回は、小笠原旅行で実際にかかったリアルなお金の話を紹介します。

東京から船に揺られて丸24時間。船旅でしかたどり着けない魅惑の島が小笠原諸島です。2011年に世界遺産に認定されたのち、その美しい自然を保ちながら世界中の旅人を魅了する島は、東京都の管轄でありながらまるで異国に来たかのような感覚を楽しめる、まさに日本のガラパゴスなのです。

まずは実際に筆者が体験した旅のスケジュールを紹介します。

1日目:東京竹芝桟橋発
2日目:小笠原諸島父島到着 →レンタルバイクを借りる
3日目:シーカヤック半日ツアー参加
4日目:ドルフィンスイムと座頭鯨ウォッチング、母島上陸ツアー参加
5日目:体験ダイビング→午後父島出港
6日目:東京竹芝桟橋到着

気になる船と宿の値段は?

【リアルなお金特集】一生に一度は行きたい!世界遺産の島小笠原旅行にかかったリアルなお金の話
竹芝桟橋から出航するおがさわら丸。この先の長い航海に心が踊ります
(c) Yoko Nixon

小笠原に行く唯一の手段は、小笠原海運が運行する「おがさわら丸」を利用することです。繁忙期を除いておがさわら丸の航海は東京から小笠原を往復する1航海に1週間かかるため、1度東京を出たら次に東京に戻って来られるのは早くても1週間後になります。

おがさわら丸は2等和室から特等室まで、6つのランクで値段が決められており、一番お手頃な2等和室は片道2万3,210円。特等室は片道6万9,170円となっています。

小笠原は父島、母島共にキャンプおよび野宿は村の条例により禁止されています。よって小笠原での滞在は、現地入りする前に必ず宿を手配しておきましょう。食事付きの宿では、2食付きで一泊約6,000円から1万円程度の宿が多く、素泊まりの宿では約4,000円〜7,000円 程度が相場です。

夜地元の食事処に行きたい場合には、あらかじめ宿の人に連絡をしておけば、毎日宿で食事をしなくても大丈夫です。素泊まりをする場合には宿の調理場を借りるか、毎食外で食べるという選択肢になりますが、小笠原での色々なアクティビティを考えている方は、食事手配の手間がない食事込みのプランをおすすめします。

ぜひチェックしたい!お得なおが丸パック

【リアルなお金特集】一生に一度は行きたい!世界遺産の島小笠原旅行にかかったリアルなお金の話
宿の共同リビングルーム兼ダイニングスペース
(c) Yoko Nixon

小笠原海運が企画する「おが丸パック」に申し込むと、船と宿を別々に予約するよりも安く済ませることが可能です。筆者もこのおが丸パックを利用して滞在してきました。パックには往復の船代(2等和室)と小笠原での宿代、現地で使えるクーポンが含まれており、同じ条件で別々に予約をするよりも、数千円安く抑えることができました。時期によって若干の値段の変動はありますが、筆者の行った3月は船代と宿代で占めて7万円ほどでした。

現地でのアクティビティの値段は?

【リアルなお金特集】一生に一度は行きたい!世界遺産の島小笠原旅行にかかったリアルなお金の話
島内の移動にはレンタルバイクが最適です
(c) Yoko Nixon

1航海の滞在の場合、到着した日の午後、その後丸2日間、最終日出港前の半日をアクティビティに当てることができるので、滞在日数が限られている人ほど、早めに予定を立てることが大切です。繁忙期は特に人気のあるアクティビティから予約が埋まってしまうので、現地での飛び込み参加が難しくなる場合もあります。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。