ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

もうすぐ七夕!光るお星さまキャンディ『夜空のおとしもの~流れ星に願いを~』6/20発売!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

きらめくお星さまをイメージさせる『夜空のおとしもの~流れ星に願いを~』は、来る7月7日の七夕に先駆けて登場したキャンディ。うきうきするイベントにぴったりの楽しい仕掛けにも注目だ。

テーマは「星」と「癒し」!

カンロ株式会社(東京都中野区)の『夜空のおとしもの~流れ星に願いを~』(75g・オープン価格 )は、2017年6月20日新発売。星がふりそそぐような美しい天の川をデザインしたパッケージが幻想的で美しい。

カンロ株式会社といえば1912年創業の老舗企業で、社名にもなっている「カンロ飴」や「ピュレグミ」などでおなじみ。2012年からは直営店である「ヒトツブカンロ」を東京と大阪にオープンし、誰かに贈りたくなるおしゃれなキャンディが話題になっている。

新発売の『夜空のおとしもの~流れ星に願いを~』は、全国のスーパーやコンビニエンスストアなどで広く取り扱われる袋入りキャンディ。近年、宇宙や星をテーマにしたイベントや映画などが人気を集めていて、こどもだけでなく大人にもプラネタリウムが流行する中、今年は「癒し」が魅力のヒーリングプラネタリウムも人気。その流れを受けて、キャンディでも「星」と「癒し」を楽しんでもらおうと開発されたのがこの『夜空のおとしもの~流れ星に願いを~』なのだ。

ひと粒ずつに、癒しのメッセージ付き!

『夜空のおとしもの~流れ星に願いを~』は、かわいらしい星型のキャンディ。フレーバーは、ローズピーチ味、シトラスソーダ味、ハニーレモン味、そして「秘密の流れ星味」の全4種類! 隠されているととても気になる。これは実際に食べて確かめてみなくては!

外袋を開けると、ひとつひとつの包装に「ちょっぴり癒されるメッセージ」(30種類)がついている。さっそくチェックしてみると、「笑顔がいちばん」や「今日もおつかれさま」、「あなたの願いが叶いますように」など、ほっとする優しいメッセージが。仕事や家事・育児の合間に、コミュニケーションツールとしても役立ちそうだ。

アロマの香りと優しい甘さに癒される!

まずはひと粒、いただきます! お星さまの形をしたキャンディは「アロマの香り」がついていて、実際に食べてみるとピーチやシトラス(柑橘)、レモンそれぞれの爽やかで優しい香りがする! アロマといっても香料の強い香りではなく、あくまで自然な香り。「癒し」というテーマにぴったりの、ほんのり香るフレーバーはとてもリラックス効果が感じられた。バラなど強い香りのキャンディもあるが、これならフルーツの香りなので子供も大人もみんながおいしく食べられる。

しかも星型だけれど、丸みをおびているので口当たりも優しい。優しさがつまっているのが感じられてさらに癒された。

気になる「秘密の流れ星味」はというと・・・ちょっぴり大人のフルーツフレーバーだった。めずらしい味ではないのだが、定番でもない。詳しくは食べた人だけの秘密ということにしておこう。

ちなみに『夜空のおとしもの~流れ星に願いを~』は、ブラックライトにあてると本当に光るのでびっくり! 自宅で光らせるのはむずかしいかもしれないが、ここまで遊び心満載のキャンディは貴重。

 

それにしても光るってどういうこと? と疑問に思い原材料を確認すると、着色料はすべて天然着色料。紅花黄、野菜色素、クチナシと特別な着色料は使用されていなかった。パステルカラーなのに安心もついてくるとは、さすが日本のキャンディ。

『夜空のおとしもの~流れ星に願いを~』は6月20日発売!

もうすぐ七夕というわくわく感が楽しめる『夜空のおとしもの~流れ星に願いを~』は、6月20日(火)より全国のスーパーやコンビニエンスストアなどで広く発売開始。オープン価格。家族や友達と一緒に、ハッピーな時間を共有しよう。

関連記事リンク(外部サイト)

ヘアケアもできる白髪染め『アデランス ビューステージ』は、髪にも地肌にもお財布にも優しい!
ネット通販「ロハコ」から、ゆめぴりかの『ろはこ米』新発売!最短翌日配送で鮮度にこだわる!
『玉露園 うめこんぶ茶』はコンビニ限定発売!冬だけのほっとする味に、日本人で良かった……と癒される!
夏の人気味が復活!『ピュレグミ ソルティライチ』ほんのり塩の効いた美味しさは夏の猛暑対策にも!
毎日のバリア力アップをサポート! ヒト由来の最強乳酸菌『ベビー乳酸菌』がスルスルシリーズから新発売!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
おためし新商品ナビの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。