体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

目黒区では最安?都立大学駅でミニマム空間と快適な通勤を楽しむ暮らし

目黒区では最安?都立大学駅でミニマム空間と快適な通勤を楽しむ暮らし
1

仕事や趣味、人生のステージにより、暮らしやすい住まいの考え方はいろいろ。「みんなの住宅事情」では、さまざまな年代、家族構成、性別の人に、選んだ住まいについて理由や背景をインタビュー。今回はやりがいを感じながらバリバリ仕事に没頭する毎日を楽しむOMさん。入念なリサーチで理想の住環境を手に入れた経緯や現在の暮らしぶりについてお話を伺いました。
都立大学駅周辺で見つけた格安の1R!通勤も15分圏内と快適

――このエリアを選ばれた理由は?

通勤重視です。職場のある中目黒まで通いやすい三宿・目黒エリアを中心に家を探していました。ここから中目黒まで自転車だと15分くらい。信号で止まらず進めば10分で着きます。電車でも1本で行けるんですが、駅まで歩くと15分くらいかかってしまい、電車の待ち時間を合わせると25分〜30分かかるので、自転車での通勤がほとんどです。

あとはちゃんと眠れる環境があるかというくらいで。昨年の9月頃に住み始めたのでまだ1年経っていませんが、住み心地はとても良いですね。落ち着いていて、閑静で。上の人の足音が少し聞こえる以外は十分です。このエリアで家賃5万円で27㎡の物件はほかにないと思うので、大当たりだと思っています。事故物件じゃないかもチェック済みです。

――このエリアの家賃相場(※)と比較すると格安ですよね。よく見つけましたね。都立大学駅周辺の賃貸家賃相場

図1最新の都立大学駅周辺の家賃相場情報はこちら!最新の都立大学駅周辺の家賃相場情報はこちら!

仲介の手伝いをしたことがありまして、他の人より少しは詳しく調べたかもしれません。ネットに載っている物件はあまり信用できないものもあるので、気になる物件はとにかく内見に行きました。たぶん6~7件は見に行ったと思います。

予算は5万円でしたが、実家が田舎なので狭すぎると落ち着かず、今くらいの広さがある物件で、中目黒を中心に三宿・目黒エリアをくまなく調べました。

街並みも迷路みたいに入り組んで、まさに所狭しという間隔で建物が並んでいますし、直感的にですがこのエリアには住めないと思って。都立大学も東京なので詰まってはいますが、建物同士の距離が比較的広く、ぎゅうぎゅうしていなくてゆとりを感じさせてくれるので、落ち着いて暮らせています。
ミニマリストのように家具も少なくやりがいのある仕事中心の生活

3

――家具は少ない方ですね。

本をよく読むので、本棚が欲しいんですが、あまりものを置きたくない気持ちが強くて。服や家具って付き合いが長くなるので、買うんだったら、お金をかけてすごく良いものか、使い捨てるつもりですごく安いもので済ませるかの2択しか嫌なんです。もう少し部屋をまともにしたいとか、オシャレにしたい気持ちはあるんですが、今は優先順位が低いかもしれませんね。

2

――家で過ごす時間はどれくらいですか?

あまり多くはないですね。定時は9時なんですが、8時くらいには会社にいます。平日は起きたら家を出て、平均帰宅時間は19時30分前後ですが、遅いと23時くらいにもなります。会社の勤怠管理が厳しくなければ、もう少し働いていたいタイプです。完全にワーカホリックですね。休日は、駒沢公園が近いので運動に出かけたり、土日の半々くらいは家で仕事をしたり本を読んだりして過ごしています。

1 2次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。