ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

この夏、「アスコット丸の内東京」で心と身体を徹底的にクレンズしてみては? 「アーバンウェルネスパッケージ」6月20日(火)より予約受付スタート!<PR>

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

アーバンウェルネスパッケージ_イメージ画像②
今年3月30日に開業したばかりの高級サービスレジデンス「アスコット丸の内東京」で、7 月1 日(土)~9 月30 日(土)の期間限定で夏の特別宿泊プラン「アーバンウェルネスパッケージ」が提供される。予約受付は公式サイトで6月20日(火)から開始される。
「アーバンウェルネスパッケージ」は、身体の内側から美しくなることを目的とした「ジュースクレンズ」と、精神を統一させて身体だけでなく心の健康も促してくれる「ヨガ」のプログラムがセットになった特別プラン。1 泊2 日で心と身体をリラックスさせることを追求した「アスコット丸の内東京」ならではのプランだ。
アーバンウェルネスパッケージ_イメージ画像①
海外セレブが取り入れていることで話題となり日本でも人気となっている「ジュースクレンズ」は、食事の代わりに野菜や果物をふんだんに使ったコールドプレスジュースを飲む美容・健康法のこと。今回のプランでは、日本で初めてコールドプレスジュース専門店としてスタートした『サンシャインジュース』のフローズンクレンズジュース“サンシャインクレンズ”1 日分がセットになっている。
食事の代わりに1 日分のコールドプレスジュースを9 回に分けて飲むことで、日頃消化に使うエネルギーを休ませながら必要な栄養を摂取し、そのエネルギーを身体に溜まった老廃物を排出するために使うことで身体の内側からクレンズ(洗浄)させる効果が期待できるのだとか。
この他、期間中は毎朝7 時~8 時に館内で開催されるバイリンガル講師によるヨガレッスンにも参加できる。心身の緊張をほぐし、心の安定とやすらぎを得ることで、活力に満ちた前向きで穏やかな一日の始まりを迎えてみるのも非常に有意義だろう。
「アスコット丸の内東京」客室
「ジュースクレンズ」や「ヨガ」に挑戦しながら、館内の広々としたジムやフィットネス用プールでゆっくりと身体を動かすこともできる。都会の中心でありながら、喧騒を忘れて自宅のようにリラックスして過ごすことのできる「アスコット丸の内東京」で、この夏、心と身体のクレンズに挑戦してみてはいかがだろう。
<<特別宿泊プラン「アーバンウェルネスパッケージ」概要>>ご宿泊期間:2017 年7 月1 日(土)~9 月30 日(土)ご予約受付:2017 年6 月20 日(火)~9 月25 日(月)
内容:①フローズンクレンズジュース「サンシャインクレンズ」1 日分(計9 パック)②期間中開催されるヨガプログラムへ参加可能
<「サンシャインクレンズ」1 日分の内容> (1 パック200ml)・リフレッシュビーツ:3 パック(国産無農薬ビーツ、国産みかん、マカ)・スウィートケール:3 パック(国産無農薬ケール、国産りんご、国産みかん、チアシード)・ジンジャーキャロット:3 パック(国産人参、国産生姜、国産りんご)
料金: 1 泊2 日(朝食なし)/チェックイン14:00/チェックアウト12:00・スタジオ1 名利用 42,588 円(消費税・サービス料込、宿泊税別)2 名利用 48,348 円(消費税・サービス料込、宿泊税別)※キングサイズベッド1 台のみ・1 ベッドルームデラックス1 名利用 49,716 円(消費税・サービス料込、宿泊税別)2 名利用 55,476 円(消費税・サービス料込、宿泊税別)※キングサイズベッド1 台のみ・1 ベッドルームエグゼクティブ1 名利用 59,220 円(消費税・サービス料込、宿泊税別)2 名利用 64,980 円(消費税・サービス料込、宿泊税別)※キングサイズベッド1 台のみ
予約: 公式サイト(http://ascott-j.com/ascott)もしくはお電話より受付フリーコール 0120-914-886 または 携帯・海外から03-6757-0760(受付時間9:00-19:00)

<<ヨガプログラム概要>>場所:「アスコット丸の内東京」会議室期間:2017 年7 月1 日(土)~9 月30 日(土)時間:朝7 時~8 時(3 ヶ月間、毎日開催予定)料金:無料人数:最大20 名参加方法:予約なしで直接参加(※先着順)※ヨガプログラムは「アーバンウェルネスパッケージ」以外のプランでご予約いただいたゲストも参加可能。

【Nicheee!編集部のイチオシ】

【ドバイ 最新レポ】 中東ならではの「スターバックス」体験 アラビックメニューの数々
タイ人は「KFC」で定食を食べる
熊本だけで使われるアノ店の略し方

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。