体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

RoomClipユーザーに学ぶ ナチュラルなおしゃ部屋のポイントは?

RoomClipユーザーに学ぶ ナチュラルなおしゃ部屋のポイントは?

ひとり暮らしをはじめたものの、「部屋がなんかしっくりこない……」「おしゃれにならない」なんて悩む人は多いはず。そんなときに参考になるのが、インテリアをたくさん見られると人気の実例アプリ・RoomClip。今回はナチュラルテイストのお部屋のなかから人気のユーザーの部屋とそのコツを大公開。インテリアの参考にして、わが家を世界でいちばん好きな空間にしちゃいましょう。

大好きな植物を見せる部屋!

【画像1】部屋の主役はエアプランツ、サボテン、多肉植物といったグリーンたち。植物をつるすハンギングも効果的(写真提供/MMさん)

【画像1】部屋の主役はエアプランツ、サボテン、多肉植物といったグリーンたち。植物をつるすハンギングも効果的(写真提供/MMさん)

グリーンを主役にしたナチュラルスタイルのMMさん(Room No.59055)の1LDKの住まい。「大好きな植物を見せる!」と部屋のテーマを決め、りんご箱を棚として活用する室内緑化計画を進め、部屋全体を木の風合いを意識した自然な素材のものにそろえていったそう。画像1のテーブルは自作、その奥に見える棚はりんご箱をつかったもの。りんご箱は1つ100円のため、今のインテリアテイストに変更するのに1万円もかかっていない。【画像2】見せる収納が印象的なコーナー。部屋の雰囲気を壊さないよう、きつい色味やテイストの合わないのものは処分した(写真提供/MMさん)

【画像2】見せる収納が印象的なコーナー。部屋の雰囲気を壊さないよう、きつい色味やテイストの合わないのものは処分した(写真提供/MMさん)

「もともとインテリアに興味はありましたが、RoomClip のリアルなお部屋写真を見ることで、もっと好きに。インテリア雑誌を見たりショップを回ってみたり、いろいろなディスプレイも部屋づくりの参考にしています」と話す。

家具はのみの市や骨董品店で。余白を大切にした部屋づくり

【画像3】家具は、購入前にどこに置くのかを決めてから購入する(写真提供/b_to_u さん)

【画像3】家具は、購入前にどこに置くのかを決めてから購入する(写真提供/b_to_u さん)

「居心地のいい家具の配置が決まったとき」が何より楽しいというb_to_uさん(Room No.336671)。新しいものよりも古いものが好きで、部屋にあるものは祖母からもらったり、のみの市で購入してそろえたそう。そのため費用は合計しても10万円もかかっていないとか。

今のお気に入りは、映画鑑賞スペース。「ソファを置けないので、クッションを置いてソファ代わりにもしているベッドに埋もれて、映画を見ているときが至福のひととき」といいます。【画像4】今一番のお気に入りは、ベッドでの映画鑑賞スペース(写真提供/b_to_u さん)

【画像4】今一番のお気に入りは、ベッドでの映画鑑賞スペース(写真提供/b_to_u さん)

インテリアを楽しむコツは、余白とモノのバランスだそう。

「お部屋って、モノがたくさんあると収納することでいっぱいいっぱいになってしまうので、なるべくものを増やさないようにしています。部屋の雰囲気がなんか違うなと思ったときは、断捨離して、部屋のなかにモノがない状態にすることも。そうすると、こうしたいな。というアイデアが出てモチベーションが上がりますよ」とアドバイスしてくれました。【画像5】部屋の満足度は高いが、唯一の悩みがツルツルとしたフローリング(写真提供/b_to_u さん)
1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。