ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【稼げる資格】実例インタビュー「マーケティング×ウェブ・ITの力で中小企業を元気に」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:keimanahensyu:20170614203549p:plain

誰もが稼げる資格はなくても、あなただから稼げる資格は必ずある。

資格選びで大切なのは、あなた自身の「これまでの経験」「今の興味」そして「将来のイメージ」と、どれだけしっくりくるか。

そこで、編集部が注目する資格について、「実際に資格を活用されている方」の実例をじっくり伺ってきました。実際に未経験から資格を取得し成功した人の話だから、リアルな活用の仕方がわかります。

今回は、「ウェブ解析士」を活用されている方にインタビュー。未来のあなたの声を聞いて下さい。

「資格取得が独立を後押し。

成果を出すための具体的な施策を提案・実践し

地元の中小企業を元気にしたい」

数字を読み解く力に加え、具体的な成果を出す手法が

学べると取得を決意

木村さんは大学時代のアルバイトを通して、企業の経営者と知り合う機会を多く持ったという。「その頃から経営者と近い距離で、直接営業や提案ができる仕事がしたいという思いを抱いていました。また、実家が地方で自営業を営んでいることもあり、中小企業の売上拡大や組織の活性化などにも関心がありました」。

卒業後、中小企業向けのウェブ制作会社に就職した木村さん。営業として経験を積むうちに、ホームページを立ち上げた〝その後〟に関心を持つようになった。

「ホームページがあっても十分に活用できなければ集客や売上の向上にはつながりません。受注するのがゴールではなく、お客様の成果につながる具体的な提案がしたいと考えるようになったのです」

情報を集める中でウェブ解析士の存在を知り取得を決意。決め手はマーケティングの知識に加え、経営に対して「インパクトを与える手法」が身につく実践性の高さだったという。

f:id:keimanahensyu:20170614203607p:plain

公式テキストを徹底的に反復して試験に臨んだ木村さん。平日帰宅後の1時間と休日を活用して2ヵ月間集中的に学び初級に合格した。

ウェブの強みを活かした施策の提案・実践を通じて

地方の中小企業に貢献

2ヵ月の勉強期間を経て初級を取得。「初級ウェブ解析士になる前も、たとえばアクセス解析の意味は知っていましたが、それを実際の施策に活かすということはできていませんでした。資格取得後は、アクセス解析のデータやサイトから得られるデータの分析結果を元にした、成果を上げるための選択肢が格段に増え、説得力のある提案ができるようになりました」と振り返る。その後、上級とマスターを取得し、今年1月にウェブ解析士として独立を果たした木村さん。将来は地元・福井に戻り中小企業を元気にする活動に注力したいと意気込む。

「ウェブの強みをより活かせる地方こそ、ウェブ解析士の需要は高いはず。企業の売上や利益の向上といった成果につなげる手法が学べるこの資格は、取得することでビジネス全体を俯瞰して見る力が身につくため、広告代理店やメーカーの営業担当者、企業の企画・営業担当はもちろん、人事や総務担当の人にもお薦めです」

いかかでしたか?あなたにとって「ウェブ解析士」は、新しい人生を切り開けそうな資格でしたか?資格という武器を手に入れて、あなたもぜひ稼げる力を手に入れてください。

構成/文 ケイマナニュース!編集部 取材・文/竹下 誠(サンポスト) 撮影/工藤朋子 木村誠宏さん(当時33歳)

12年10月の初級取得を皮切りに、14年4月に上級、同年12月にマスターを取得。16年1月に(株)フェルクを設立。ウェブ解析士として独立を果たす。

※この記事は2016年2月取材時点での情報をベースに、再度取材対象者の方に確認をとり掲載しています。

関連記事リンク(外部サイト)

職業カタログ~未経験から目指せる「人々の暮らしを、今よりちょっと豊かにするお仕事」4選~
職業カタログ~未経験から目指せて在宅でも働ける「手に職がつくお仕事」3選~
職業カタログ~未経験から目指せる「エンタメ、アートにまつわるお仕事」4選~

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ケイマナニュース!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。