ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

生牡蠣 216円~、寿司2貫 108円~、コスパが良すぎる「牡蠣とワイン立喰い すしまる」【大阪】

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

f:id:mesitsu_lc:20170609161211j:plain

生シェル牡蠣とワイン、寿司が一度に楽しめる

気軽に寿司が食べられる立ち食い寿司が定着してきましたね。こんにちは、メシ通レポーターの西尾明彦です。

今回ご紹介するのは、スタンディングスタイルで、寿司に加えて、生シェル牡蠣とワインが楽しめる「牡蠣とワイン立喰い すしまる なんばウォーク店」です。

立ち食いスタイルの寿司店の何が良いか、それは、好きなタイミングで、食べたいネタを手軽に食べられることでしょう。

f:id:mesitsu_lc:20170609172917j:plain

牡蠣の殻で作った魚のオブジェが目印です。

場所は各線なんば駅直結の地下街、なんばウォーク内。四つ橋線に近い1番街です。オープンな雰囲気なので、気軽に立ち寄れます。

f:id:mesitsu_lc:20170609172949j:plain

店内は長いコの字型カウンターで、反対側にもカウンターがあります。

カウンター上に飾られているのは……

f:id:mesitsu_lc:20170609172934j:plain

新鮮な生シェル牡蠣です!

「すしまる」の生のシェル牡蠣は1個 216円から。食べないと損レベルです。

「定番の5種類の食べ方に加えて、季節ごとのおすすめの食べ方が加わったんです。ぜひ試してみてください」と店長の影山享宏さん。

f:id:mesitsu_lc:20170609161306j:plain

こちらが6月からスタートした、夏季限定の牡蠣メニューです。

味の想像がつかない、挑戦的なメニューもありますね。

f:id:mesitsu_lc:20170609161222j:plain

夏季限定から「レモンペッパー」(左)と、タバスコを振りかけた、定番の「アメリカンスタイル」(各216円)を注文してみました。

f:id:mesitsu_lc:20170609173023j:plain

まずはレモンペッパーに挑戦です。

プリッとした牡蠣に、レモン風味と塩味に、ペッパーが良いアクセントです。季節限定なのがもったいないような、万人受けする優等生な味わいです。

お酒は378円から。グラスワインは定番7種類に、季節ごとにテーマを持った特集ワインが、オール540円。白州ハイボールや山崎ハイボールは486円です。

f:id:mesitsu_lc:20170609161159j:plain

当然、白ワインとも好相性です。

特集ワインから、その名も「サシミ・ソーヴィニヨン・ブラン 2016」(グラス540円)。刺身や寿司に合う、軽快に何杯でも飲めそうな辛口です。

f:id:mesitsu_lc:20170609173040j:plain

続いて、タバスコを振りかけたアメリカンスタイルに挑戦です。

「タバスコは、牡蠣を食べるために作られたと言われているんですよ

ピリ辛ですが、これは確かに合いますね!

くさみが全然ない牡蠣。これが216円とは驚きです。何個でもペロリと食べられそうです。この日は三重・鳥羽産でした。

アイラ島のシングルモルトウイスキー・ボウモア12年を振りかけた「スコットランドスタイル」(324円)は、ウイスキーファン以外にはあまりなじみがないかもしれませんが、アイラ島では定番の食べ方らしいです。

f:id:mesitsu_lc:20170609173008j:plain

ネタケースには新鮮なネタが並んでいます。さて、寿司もいただきましょう。

f:id:mesitsu_lc:20170609161326j:plain

寿司は2貫 108円から。定番約30種類と、旬のネタが約15種類です。

ハモの寿司も良いですね……。

f:id:mesitsu_lc:20170609172902j:plain

こちらでは、食べたいネタの札をカウンター上のボックスに入れて注文します。

「カウンターで板前に注文するのが苦手な方って、結構いらっしゃるんですよ。でも、回転寿司ではないおいしいお寿司が食べたい……。そういう方にも来ていただきたくて作ったシステムです」

寿司店のカウンターは緊張するけれど、おいしい寿司を気軽に食べたいというワガママな注文に、見事に応えてくれたお店ですね。

f:id:mesitsu_lc:20170609173108j:plain

手前から、中トロ、サーモン、ボタン海老、ハモ、ウナギ(通常は2貫単位です)

上品なうま味の中トロ(2貫 432円)。

程よく脂が乗ったサーモン(2貫 216円)。

大ぶりなボタン海老(2貫 432円)は、しっかり甘みがあります。

丁寧に骨切りされたハモ(2貫 324円)は夏の醍醐味(だいごみ)ですね。

おいしいウナギ(2貫 432円)で〆るのは幸せです。

赤ワインと寿司の組み合わせも、良いですね。

f:id:mesitsu_lc:20170609173054j:plain

季節の特集ワイン、「イムリ ネグロアマーロ」は、滑らかな口当たりに豊かな味わいで、特にウナギやサーモンと好相性だと思います。こちらもグラス540円です。

生シェル牡蠣とワインを堪能して、程よい頃合いで寿司をつまむ……。

それも、かなりリーズナブルに楽しめます。

ちなみに、ランチもお得です。

8種類のネタを使った「特製ちらし」が600円、日替わりの寿司9貫+手巻きの「握り一人前」は800円。それぞれ赤だしはお代わり自由です。ランチタイムが17時までなのもありがたいですね。

f:id:mesitsu_lc:20170609161132j:plain

そして、生ビール(小)か、指定のワイン(セニョリオ・デ・オルガス 赤・白)が1杯目は108円といったサービスもあります。これを駆使したら、生牡蠣に寿司をつまんでセンベロも可能かもしれません。

サクッと1人で食べて飲むのに良し、気軽なデートや後輩を連れて行っても喜んでもらえそうです。お財布にも優しく済むでしょう。

それもこれも、「丸万寿司」や「回転寿司 日本一」などグループで12店舗あり、仕入れ力があるからこそのコストパフォーマンスの良さなのでしょう。

「すしまる」は現在2店舗あります。梅田店は時間帯関係なく満席のことが多いのですが、昨年オープンしたなんば店は、ランチが一段落した15時頃~17時くらいが、今のところ狙い目のようです。

お店情報

牡蠣とワイン立喰い すしまる なんばウォーク店

住所:大阪府大阪市中央区難波2 なんばウォーク1番街北通り

TEL:06-6213-3330

営業時間:11:00~22:00(LO 21:30)

定休日:なんばウォークに準ずる

※この記事は2017年6月の情報です。

※金額はすべて税込みです。

書いた人:西尾明彦

西尾明彦

外食ライター&コピーライター。食と酒を中心に、堅めのビジネス系など執筆中。趣味は酒蔵巡り。北は北海道から南は四国まで50蔵以上を訪問。大阪在住のきき酒師。

HP:大阪のコピーライター西尾事務所

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

新世界へ来てここに寄らないなんて!「肉のさかもと」のヘレカツサンドとビールが最高【大阪】
チョコもミントもマヨネーズ化!?独自路線をひた走るマヨ専門店【大阪】
珍スポライター金原みわさんのお気に入り居酒屋さんで飲む【大阪日本橋】

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。