体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

絶景の宝庫!一生に一度は見たい景色が四国には溢れていた!

祖谷渓

四国には一度行っただけでは出会うことのできない、今だけの魅力がたくさん!

ということで、四国をさらに楽しんでもらえる絶景旅をご紹介します。

徳島県の雄大な自然絶景に、香川県の奇跡の神秘絶景、愛媛県の力が漲るパノラマ絶景に、高知県の絵になるアート絶景…と、気になる絶景スポットが満載なので、四国に訪れるのが初めてじゃない人でもきっと新しい発見ができるはず!

ぜひ参考にして、今しか出会うことのできない四国の景色を楽しんでみてください。

記事配信:じゃらんニュース

祖谷渓【徳島県】

スリルの奇橋と平家悲話、深山幽谷の秘境を訪ねて。

祖谷渓

長さ45m幅2mのかずら橋は、3年ごとに架け替えられる

こうして出会う!

緑に包まれた初夏のかずら橋。JR大歩危駅からバスでたどりつける。19時から21時30分の間はライトアップされ、さらに幻想的に!

「四国まんなか千年ものがたり」で行く

深いV字型の渓谷の底をエメラルドグリーンの祖谷川が流れ、独特の景観が続く祖谷渓。厳しい自然環境だけに、昔から秘境として知られ、平家の落人伝説も残っている。渓谷に架かる祖谷のかずら橋は、水面から14mの高さにあり、足がすくむほどスリル満点!四国まんなか千年ものがたり 行き先により、秘境駅や地元の人との交流もある四国まんなか千年ものがたり

国指定天然記念物にもなっている大歩危峡を進む

\こちらに乗って絶景観賞!/

観光列車「四国まんなか千年ものがたり」

JR多度津駅からJR大歩危駅間を一日一往復する運行する観光列車。弘法大師生誕地善通寺や清流と奇岩が続く大歩危小歩危など、歴史と自然があふれるコースを走る。古民家を基調にした車内でシェフ自慢の料理も堪能できる。

問い合わせ/0570-00-4592(JR四国電話案内センター) 祖谷渓

TEL/0120-404-344(三好市観光案内所)

住所/三好市西祖谷山村善徳162-2

営業時間/散策自由(祖谷のかずら橋は日の出~日没)

定休日/なし

料金/散策は無料(祖谷のかずら橋通行料大人550円、小学生350円)

アクセス/徳島道井川池田ICよりR32、県道45・32号経由60分

駐車場/293台(510円)

「祖谷渓」の詳細はこちら

うずしお【徳島県】

渦潮が間近に迫る圧巻のクルージング!

うずしお

轟音と共に出現して数秒で消えることを繰り返す鳴門の渦潮

こうして出会う!

満潮時と干潮時に大きな渦ができる。なかでもその差が大きい大潮の時期が見頃。見頃の時間帯はホームページで確認できる。

「うずしお観潮船」から見る

徳島と淡路島の間に広がる鳴門海峡は、世界三大潮流の一つに数えられるほど潮の流れが速く、時に大きな渦ができる。最大で直径20mもある渦潮が間近に見える観潮船に乗れば、さらに迫力倍増! うずしお

TEL/088-687-0101

住所/鳴門市鳴門町土佐泊浦字大毛264-1(鳴門公園亀浦観光港)

営業時間/8時~17時

定休日/なし

料金/大人1800円~2400円、小学生900円~1200円

アクセス/神戸淡路鳴門道鳴門北ICより県道11号経由4分

駐車場/150台

ゲンジボタル【香川県】

温泉郷で光を放つゲンジボタルの乱舞。

ゲンジボタル

温泉郷にある「ホタルと文化の里公園」でもホタルを観賞できる

こうして出会う!

ホタルが見える時間帯は、20時ぐらいから21時頃まで。明るいと光らないこともあるので懐中電灯やカメラのストロボなどは控えよう。

「しおのえホタル祭り」開催!

6月10日(土)14時~21時、「行基の湯前広場」にて、「しおのえホタルまつり」を開催。自然観賞コースのほか、ゲンジボタルが放たれた「ホタル館」で、幻想的な光のファンタジーを体感できる。

問い合わせ/087-893-0148(塩江温泉観光協会)

「塩江温泉郷」で観賞する

空海も湯治したと伝わる歴史ある温泉地。高松の奥座敷としても親しまれ、年間を通じて多くの湯浴み客が訪れる。温泉街を流れる香東川やその支流では、6月上旬から下旬にかけて数多くのゲンジボタルが舞う。「ホタルと文化の里」周辺では間近にホタル観賞ができる。 ゲンジボタル

TEL/087-893-0148(塩江温泉観光協会)

住所/高松市塩江町

アクセス/高松道高松中央ICよりR193経由40分

駐車場/なし

夏至観音【香川県】

夏至の頃だけに現れる不思議な観音様の姿。

夏至観音
1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。