ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

高精度な屋内ナビシステムをロンドンの空港が世界で初めて導入

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ガトウィック空港で導入された屋内ナビゲーションシステム「Googleマップ」や「Apple Maps」は、衛星信号を使用して現在地を算出するGPS機能により目的地までの移動ルートを検索する代表的なナビゲーションツール。

それゆえ、衛星からの電波が届きづらい屋内では、位置情報の精度が低くなったり、位置情報が取得できないことがある。

そこで、ロンドン・ガトウィック空港は、ロンドンのスタートアップ企業「Pointr」と提携し、高精度の屋内ナビゲーションシステムを世界で初めて導入した。

・Beaconを活用した高精度な屋内ナビゲーション

イギリスで第二の規模を誇るガトウィック空港この屋内ナビゲーションシステムは、空港に設置された2,000台ものBeacon端末をベースとする測位システムにより、位置情報の誤差がわずか3メートル。

ユーザーは、AR(拡張現実)を活用したナビゲーションによって、スマートフォンのカメラ画面でルートを表示させながら、チェックインカウンターや搭乗ゲート、手荷物受取場など、目的地までスムーズに移動することができる。

また、このナビゲーションシステムでは、ユーザーの個人情報は収集しないものの、エリアごとの混雑度合いといった一般的な情報を、空港オペレーションの改善などに役立てていく方針だ。

・屋内ナビゲーションシステムの可能性ひろがる

Beaconベースの屋内ナビゲーションシステムは、複合商業施設などでの活用も期待されている。

たとえば、目当ての店舗までの移動案内はもちろん、ユーザーの嗜好や時間帯などに応じて、より楽しめる移動ルートを提案したり、より多くの店舗に誘導するルートを表示させることも可能だ。

また、ユーザーの位置情報を分析し、施設内の混雑の緩和や警備体制の最適化につなげることもできるだろう。

Beaconなどのテクノロジーを活用し、屋内のナビゲーション精度が向上するにつれて、“ビルや大型施設で迷ってしまう”なんてことも少なくなりそうだ。

Gatwick Airport

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。