ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

古川雄輝、『センセイ君主』の名セリフを完コピ!?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

古川雄輝、『センセイ君主』の名セリフを完コピ!?
J-WAVEで放送中の番組「AVALON」(月曜担当ナビゲーター:古川雄輝)。6月19日のオンエアでは「少女漫画大好き芸人が選ぶ、オレ様、王子様、TOP3」と題して、少女漫画大好き芸人の中村涼子さんと一緒に漫画界の「オレ様」「王子様」を選びました。

中村さんは、1ヶ月に読む漫画が200冊にのぼるそうです!「朝起きたらすぐに漫画を読んで、移動中にも漫画を読んで、ネタでウケたら漫画読んで、お風呂でも漫画読んで、寝る間際まで読んでます」とのこと。収入はほぼ漫画に費やしているそうで、古川も、番組アシスタントのあっこゴリラも驚いていました。

さて、少女漫画の登場人物に欠かせない「オレ様」「王子様」キャラですが、中村さんが思うそれぞれのキャラの魅力はどこにるのでしょう。

中村:「王子様」は、“良いところ発掘隊”なんです。女の子の悩んでいるところを、自分の言葉でプラスに変えるんです。鼻が上に向いていても「空気を吸い込みやすい」と言うことで、良いように聞こえるんです。あと、王子様は好きな女の子を守るためだったら他の子には冷たくできてしまうんです。
あっこゴリラ:なるほど!
中村:「オレ様」はギャップの宝庫。ヤンキーは未だにネコを拾ってますから。ただし、オレ様キャラは、やりたいことをして、言いたいことだけを言ってるだけなので、実は不器用なんです。その結果、女性側が母性本能をくすぐられるのが最大の魅力です。

あっこゴリラは「分かる!」と興奮していましたが、古川はほとんど会話に入れていませんでした(笑)。さらに、中村さんが選ぶ少女漫画界の「王子様キャラTOP3」を発表してもらいました。

3位『彼氏彼女の事情』有馬総一郎
「庵野秀明監督が『エヴァンゲリヲン』の次に撮ったアニメで、庵野監督の要素が盛りだくさんなんです」(中村さん、以下同)

2位『三神先生の愛し方』三神惣介
最初からラブラブの男女を描いた作品。「三神先生はどこでも自分をお姫様扱いしてくれるタイプの人です」

1位『君に届け』風早翔太
大人気漫画で映画化もされた、“爽やか”の代名詞・風早くん。ヒロイン爽子のことを一番に思い、超人過ぎず、等身大で、クラスに一人はいそうなところも人気の理由のひとつのようです。

古川は途中から、「こんな人いないですから。現実世界にはいないですから」と連呼していました(笑)。

続いては「オレ様キャラTOP3」を発表!

3位『黒崎くんの言いなりになんてならない』黒崎晴人
「最近のオレ様キャラの火付け役です。黒崎くんはずっと偉そうにしてます。影響力が半端なくて、少女漫画界が一斉にオレ様キャラになるくらいでした」

2位『こどものおもちゃ』羽山秋人
「90年代アニメを支えた作品ですけど、いじめの問題などを描いた作品で心の成長を描いた作品。羽山くんはオレ様キャラでしたが、心の成長とともにヒロインを支える存在になれるっていうところは、子どもながらに響きます。無表情男子の魅力も確立しました」

1位『センセイ君主』弘光由貴
「連載していた別マ(別冊マーガレット)の中で弘光先生が何か発言する度に、『先生がこんな言葉を言った!』とツイッターでトレンドに上がりかけるんじゃないか…っていうくらい。超絶新人類オレ様キャラで、デレの出し方も絶妙です」

と、話は尽きませんでした。古川が途中、1位となった弘光先生のセリフを読むと、スタジオもツイッターも大盛り上がりでした(笑)。放送では、そのほか、今、SNS上でバズってるダンス動画「#超Wavyでごめんね」を紹介したほか、あっこゴリラ×永原真夏の新曲「ウルトラジェンダー」を初オンエアしました。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「AVALON」
放送日時:月・火・水・木曜 22時−23時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/avalon/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。