ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

18歳の学生が開発中の“乳がん検出ブラジャー”「EVA」、がん早期発見を目指す

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

EVAさまざまなウェアラブルツールが登場し、健康や医療の分野にも進出している。運動状況をモニターする活動測量、心臓発作などの病気モニターツールが開発されているが、今回紹介する「EVA」は、乳がんに関連する身体変化を検知するブラジャーである。

・18歳の学生が開発中の“乳がん検知ブラ”

開発をしているのは、メキシコの18歳の学生Julian Rios Cantu氏を中心として結成された会社“Higia Technologies”。OECD(経済協力開発機構)のデータによると、メキシコでは100万人に9.5台のマンモグラフィーの機械しかなく、受診には費用がかかるし、検査の待ち時間も長いという問題があるという。

EVA2診断や治療が遅れることは、命に関わる。Cantu氏は、自身の母の乳がん闘病を目の当たりにした体験から、もっと多くの人が乳がんを早く認知し、治療を受けられるよう、このブラジャーの開発を思い立ったという。

・200のバイオセンサー搭載

ブラジャーには約200のバイオセンサーが搭載されており、胸全体の表面をマッピングし、温度変化のほか、胸の体内組織に流れ込む血流量をチェック。これは、がん細胞が増殖するには大量の血液が必要になるためだ。

センサーが検出したデータはBluetoothを通じてPCやスマートフォンアプリへ送信され、解析がおこなわれる。週に1度、90分間のブラジャー着用をすることで、規則的なデータを累積していくという流れだ。

・今後は臨床試験の後、実用化を目指す

EVA3早期ステージの乳がん兆候を検知できることを目標とし、現在はプロトタイプの段階。

“Global Student Entrepreneur Awards”というイベントで受賞をし、2万ドルの賞金を得た「EVA」は、今後は実験や臨床試験を経た後、実用化のステップへ進めていきたい意向だ。

コストの高い専用機械を配備するよりも、ずっとお手軽に安価でおこなえ、早期乳がんが発見可能になるメリットは大きいだろう。期待して待ちたい。

EVA

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。